わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 北海道

フルマラソンより長い距離を走るのをウルトラマラソンと言うのだとか。

でね、まったくもって無謀以外の何物でもないんだけれど、札幌で


加工版

こんな道場が開かれるということなので参加してみました。

札幌駅を出発して

20180504_135219

20180504_143219

支笏湖を経由して千歳の温泉をゴールとする75kmのコースです。

去年の夏に1回だけ48km走った経験と、これに参加するために

まったくもって付け焼き刃的に60km走っただけ…

最後まで走ることができるかは大いに不安。

しかも、皆さん強者ばかりのようです。

朝7時過ぎにスタート。30kmまでは先導してくれる方がいます。

ボクは真ん中から少し後ろにつけてます。

この日は少々肌寒く…そうなるとトイレにも行きたくなります。

途中の公園でトイレに寄ったりするもですから、最後尾も2度ほど経験。

そして、最初のエイドは真駒内。

20180505_082539

この日は真駒内の陸上競技場をメイン会場とする

豊平川マラソンもある日です。3年ほど連続して参加してました。

今年はいとこの娘さんが初参加とか。

トイレと水分補給を済ませてまた走り出します。

まだこの辺りは皆さん余裕、余裕。

そして、ここから先はボクにとって「懐かしい」場所を走ります。

17kmだったか18kmだったか…いよいよ支笏湖へ向かっての山越えです。

山登りが始まってからふたつ目のエイド。25km位だったかしら。

20180505_103443

札幌から恵庭に入りました。

この後すぐに千歳に入ることになりますが…いよいよ長い旅が始まります。

20180505_103448コピー

たしか、このエイドで道外からの参加者がボクひとりと判明。

そしてここから先はアップダウンもきつくなり、しかも寒い!

防寒対策をしていなかった自分を呪います。

吐く息が白いんだよぉ~。

ずぅ~っと先を走る先頭集団を「あそこまでは走ろう」と目標にします。

そしてようやく登りのピークともいうべき32km地点。

20180505_113032

「ようこそ支笏湖」だって。目標としていた支笏湖が射程に入ります。

20180505_120608

主催者の方から「支笏湖温泉」を目指してくださいとのこと。

この先の三叉路でそれを間違わないようだって。

ここから下りベース。足にも前日から痛みだ出ている腰にも堪えます。

朝、出掛けに母にもしゃべったのですが、ひとまずの目標として

「支笏湖までは走りたい!」という思いがありました。

それが40km付近から右手に見えてきた時には感激です。

下りはかなりしんどいものがありましたが、少し元気になります。

20180505_124925

そしてようやく、ほぉ~んとようやく山越えが終わり支笏湖のエイドです。

43kmちょっと手前。そう、フルマラソンが終わったくらいです。

20180505_124913コピー

ここではお饂飩をいただき、少し長めの休息。

ここからまだ30km以上あります。

休息の後皆さんそれぞれ「後半の部」をスタートしていきます。

ボクも前を行く方々の後ろにつけて走ります。

ところが、56km付近から周りに人いなくなり、半端な「一人旅」が始まります。

前はずぅ~っと先。豆粒くらいにしか見えません。

走るサイクリングロードは、桜が咲いていたりもするのですが、

一方でクマやシカに注意の標識があります。

少々心細い一人旅でしたが、67kmのエイドで「豆粒」の方々と合流し

しかもゴールまで一緒走ってくれることになりました。

道に不案内であるボクにとっては嬉しいことです。

また、いろいろとお話もでき楽しい8kmでした。

そして、ゴール。

ゴールするとビールをいただけると聞いていたのですが、

いただいたのは「豚丼」。お酒を飲めない方への配慮でしょうか。

そして、お風呂で汗を流し、長い長い75kmが完結しました。

いやはや大変でしたが、楽しい「こどもの日」でした。

来年もあれば是非参加したいものです。

できれば、ゴール後にはビールも…

「大寒」の土曜日。

IMGP3581

札幌に帰っておりました。しかも、日が暮れてからのお出かけも久しぶり。

お~ぉ、街の灯「すすきの」よ。

この時期に北海道にいるのはずっごく久しぶり。

大通り公園ではまもなく始まる「雪まつり」の雪像作りが行われてます。

雪まつり…たぶん高校受験の歳、15歳の時にお友達と行ったのが最後かも。

たまぁ~に「雪まつり」もいいかもね。

IMGP3578

家族みんなが集まって

夏の夜を大通公園のビアガーデンで楽しく過ごすのは毎年の恒例行事。

それ以外で、夜の「お食事」(外食)は久しぶり。

とくに今回は特別の事情もあり…楽しかったなぁ。

そして、翌日は新千歳空港でお昼ごはん。

20180121_105605

20180121_110807

思いもよらずの「まつじん」。

ここ2年ほど「ジンギスカン食べたいなぁ~」と思っていたところ。

もちろん、愛して止まないS印のクラシックビールも美味しいね。

20180121_105250

今回の帰札幌は滞在時間は24時間で慌ただしかったけれども

おそらくボクの約50年の歩みのなかで、とっても大きな24時間でした(?)。



明けましておめでとうございます。

image


image


今年も北海道神宮へ初詣。

願い事は数々あれど、神様も多忙でしょうから厳選してひとつだけ。

お神酒も頂きましたが、本格的に浄めてます。

image


どんな1年になるのか…

image


楽しみです。

そして、運命には抗いません。

image


札幌時計台(旧札幌農学校演武場)。

さすが札幌の観光名所、この日も引きりなしに人々が訪れています。

ただ、この写真を撮影している場所には誰もいません。
時計台を撮るならここだと思うんだけど…。

さて、時計台から北へ少し移動した所にあるのが

image


こちらの碑。

おなじく時計台絡みのモニュメントなんだけれど、ここに足を止める人はいないようです。

やはりモノがあるのは強いのですね、

今年もまたこの日がやってきました

20170825_140418

北海道マラソン!

3回目の挑戦です。去年の大会から1年間、ずっと心待ちにした日です。

2週間前に帰ってききた時よりも暑い札幌ですが、

日差しは頭のてっぺんからではなく、肩口からとなり、湿度も低め。

季節の移ろいをちょっぴり感じます。

夏の締めくくり…そんな感じですね。

朝は少し早めの列車に乗りましたが

ボクとおなじくこの日を待ち焦がれた(?)ランナーがたくさんいます。

これからそれぞれのドラマが始まるんだねぇ~。

20170827_064637

7時前の札幌駅。とっても気持ちのよい青空です。

ただ、これからフルマラソンを走ると思うと…やはり暑いかな。

20170827_065615

たしか、ちょうど7時頃だったと思います。

スタート付近はすでに22℃。これからもっと気温は上がるのでしょうね。

そこは織り込み済みです。

そう、去年は午前9時のスタート時点で18度だったように記憶してます。

従妹がスタート直後の三越デパート前で応援するとのことなので

この日着るシャツにゼッケンを付けてメールで報告。

そんなこともあり、いつもより高鳴る気持ちでスタート。

【ゆかり撮影】三越前

で、これが従妹が撮ってくれた写真です。

ど~して手を開いて走っているのでしょうね。

しかも、わが母様もこの付近で見ていたのだそうです。

いつも、終盤の旧道庁前で観ているのだそうですが

今年は「スタートが観たい」とは言っていましたが…本当だったのね。

昨年はオーバーペース気味で、38kmを過ぎて北大構内で失速。

そんな反省があったので、今年はスローペースで走ります。

お日様が雲に隠れてくれ、しかも心地よい風もあったので走りやすい前半。

新川通までくるとお日様の自己主張も強くなりいつもの「道マラ」、暑い!

今年は北大構内をしっかり元気よく走りたいという思いがあったので、

とにかくペースを抑えて自重、自重。

それでも32kmを過ぎ、そろそろペースを上げようか…ここから葛藤の1km。

結論は、33kmからイチかバチかのスパート。

鬼門の北大構内も頑張って走ります。こんなに長かったっけ…?

そして、旧北海道庁へ。

20170826_125837

あっ、お母さま! 本当にいたんだ!

声をかけてみたのだけれど気づかれず…ちらりとこちらを見たのだけれどね。

あと少し、ぐんぐんと走って何とか今年も完走できました。

しかも、今年3回目のフルマラソンでは一番いい記録。

走った後はいつものことですが、温泉で汗を流し

20170827_150054

愛すべきS印…なのですが、今年は「おひとりさま」ではなかったのです。

この後、朝応援に三越デパート前に来ていた従妹ファミリーに加え

おじさんとおばさん。そして、朝から観戦していたわが母。

皆と「お疲れ様会」ができました。

いやぁ~楽しかったです。ゲームセンターで子どもたちとちょっと遊んだり…

20170827_183519

来年もまた走ることができるよう、がんばって生きていきます。

そして、わがままかもしれないけれど

また愛する皆さんと楽しい時間を過ごせたら…と思います。

いっそ従妹も走らないかしら。

このページのトップヘ