わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: ごちそうさま

前回、お盆休みに札幌に帰った際

「偶然」ではないのだけれど、初めて入ったお店

20190824_141013

時計台ビルの地下1階の「できたて屋」さん。

焼き魚と海鮮丼が中心のお店です。

20190824_131601

お昼ドキはかなり混んでいます。

昨今は「お魚離れ」なのかなぁ~と思いきや

年齢層も幅広く美味しいお魚を召し上がっているようです。

ホント、ここのお魚は美味しいのです。

ですから、今回も帰札後真っ先に訪れたのです。

そして、いただいたのは

20190824_132626

ほっけの開きです。とってもおっきなほっけです。

焼き加減もちょうどよく、身もふっくらなんですよ。

しかも、調味料のお醤油が少し甘めの「昆布醤油」で

これがまた魚に合うのです。たっぷりかけていただきましょう。

で、前回はお家での朝ごはんでほっけをいただいたので、サンマを。

20190813_125218

こちらもでぇ~んと、立派なさんまです。

こうなると…

ふだんあまり食べない白いご飯を、ガツガツモリモリいただきます。

「おかわり」までしちゃったものね。

そして、食べ始めてしばらくすると

小さなヤカンのような器でだし汁をがでてきます。

魚の身をほぐしてご飯に乗せて、それにこのだし汁を注ぎます。

20190824_133114

もっと盛大に乗せればよかったか…

それはともかく、こうしてお茶漬けのようにしていただきます。

これがまた美味しい!!

すっかり食べ過ぎちゃいましたが、たまぁ~にだからいいですよね。

しかも翌日は北海道マラソン…しっかり食べてスタミナアップ。

ごちそうさまでした。

つぎは年末かな。楽しみです。

函館のセブンイレブンで…

20190706_140532

STVラジオの番組「ごきげんようじ」とのコラボ商品「ごきげんもこ」

なるものが販売されておりました。道内限定なんだって。

あぁ…去年までは「みなのシュー」でしたね。

20190706_140559

先月から販売されていたようで、アルバイトのお嬢さんに

「いつまで売っているの?」と尋ねたところ

「わかんない、聞いてこようか?」

「いえいえ、結構ですよ」

「でもコレ売れてるから、ずっと売ってるんじゃないかな」

「ふぅ~ん、売れているんだ…」

まぁ、「ずっと」ということではないだろうけれど、

「売れている」のはいいことですね。

当然青森では売っていないので、ひとつ購入。

20190706_140752

お昼にカレーを食べて

その後、八雲の大福餅のお振る舞いをいただいて…

20190706_133454

20190706_134304

少々食べ過ぎではないかとも思うけれど、翌日はフルマラソン走るから

「まぁいっか」と自分を納得させます。

20190706_155536

見たところシュークリームなんだけれど…

「もこ」ってなんなんだろ。

少し前からカレーを食べたいなぁ~と思っていました。

最後に食べたのは去年の10月。

金沢マラソンの際にいただいたゴーゴーだったなぁ…

そこで、今回の函館ではカレーをいただこう。

函館駅に到着後、市電に揺られて宝来町へ。

そこから少し十字街方面へ戻ると

20190706_115102

電車通りに面して「小いけ本店」があって、

少し入ったところに「元祖小いけ」があります。どちらもカレー屋さん。

お土産屋さんで売っているレトルトカレーは本店の方?

それはともかく、入店したのは迷わず

20190706_115122

カレー色のお店、「元祖」の方の小いけ。

20190706_115352

まだ正午前であったので空いていましたが、正午を過ぎると…

続々とお客さんが入ってきます。さすが人気店。

マラソンの前日なので、ガツンとカツカレーでも…と思いつつも

「チキンステーキカレー」というメニューに惹かれてこちらを注文。

するとさほど時間をおかずに出てきました。

やはりカレーはファストフードだよね。

20190706_115700

一見すると、お家のカレーって感じです。

お味はスパイシーでちょっと辛め。

久しぶりのカレー…美味しいねぇ~。大盛りにすればよかった。

最近は「ご飯」をガツガツ食べることなくなっちゃったものなぁ。

ごちそうさまでした。

この後は千代台の競技場に行くのですが、まだ少し時間があります。

20190706_123352

電車に乗って、去年立ち寄った餅屋さんにでも行ってみましょうか。

あっ、カールレイモンのソーセージは明日の「おふるまい」にあったっけ。

かけっこのアトは、フードチケットを利用して…

たけのこ汁とおにぎりのセットが人気の模様。

汁物にはひかれるけれど、ごはんはちょっと重いかな。

さてさて何にいたしましょう。

やっぱりこれかな。

20190623_110903

白神ねぎラーメン。

「白神ねぎ」はこの辺りの新戦力で、

秋の二ツ井のマラソンでも完走賞としていただいています。

しかも、こちらのラーメンは麺にねぎが練り込んでいて

20190623_110925

こんな緑色の麺になっています。

味は味噌・塩・醤油が揃っています。そうなると、迷わず「塩」を洗濯。

できあがりを待っている間…

後ろを振り返ると続々とランナーがゴールしてきます。

だんだんと気温も高くなってきているので、終盤はキツかっただろなぁ。

さて、できあがり。

どこでいただこうか…日陰はないなぁ。まぁしかたないか。

20190623_111050

では、いだたきます。

まずはスープを一口。ううう、しょっぱいっ。

かけっこで汗をずいぶんかいたので、塩分は欲しいところですが

これは(ボクにとっては)かなりの塩辛さ。

それでも、ズズズ、ズズズと麺をすすっていきます。

申し訳ありません、スープは残しちゃいました。

ごちそうさまでした。

つぎは…温泉に入って汗を流してきましょう。

マラソン前日、高山に到着後少しだけ町ブラ。

古い町並の方に向かって歩いていくと

20190608_155415

こんな素敵な建物がありました。そして、この建物の手前には

20190608_155446

こちらもまた素敵な建物「朝日軒」、現役の床屋さんです。

ちょうど人が出てきてボクと鉢合わせ。

「あっ、ランナーかい? 明日頑張ってね」って声をかけられます。

その後、はちみつソフトクリーム屋さん(?)の人であったり

人力車を引く女性などから「ランナーの方」は声をかけられます。

20190608_112255

ここ、「史跡高山陣屋」にいたっては

「ランナーの方」はおじさんに入口までエスコートされました。

この日の高山は、地元の人、観光客、ランナーの3区分だったのかな。

それにしてもよく声をかけられます。

さて、そろそろお昼…何がいいでしょうね。

やっぱり飛騨牛でしょうか。

「高山ラーメン」の看板もそこここで目にします。

そんなときボクの目に飛び込んできたのは

20190608_115130

こちらの唐草模様です。

そして、こちらは

20190608_115107

お蕎麦屋さんでした。

20190608_115116

ん…? 作家の森村誠一も立ち寄っているのかなぁ。

まぁそれはいいとして、ここでお蕎麦をいただくことにしましょう。

ガラガラガラ…

まだお客さんはまばらでしたが、少しすると続々入ってきました。

いいタイミングで入店したってことかしら。

メニューには山菜ざるそばに「名物」と書いてあったので、これを注文。

するとほどなく

20190608_120042

20190608_120045

山菜ざるそばの登場です。

で、ここでもまた「ランナーの方」は声をかえられます。

「どちらを走られるのですか?」

これは100kmと71kmの「どちら」という意味でしょうね。

「初めてなのですが、100km走ります」

「私、毎年『古い町並』の所で応援しているのですよ、明日応援します!」

嬉しいやら、気恥ずかしいやら…高山の人は「ランナーの方」に優しいですね。

もちろん、お蕎麦もとっても美味しかったですよ。

そして、代金を支払う時に…再び

「どちらからいらしたのですか?」

「青森からです」

「まぁ、遠い所から嬉しいわぁ、涙が出そう」

なんて言っていただきました。

翌日、「古い町並」を走っていると、たしかにこのお店の方を見つけました。

沿道の右側で声援を送ってくれています。

ありがとございます。何とか完走できました。

来年もまた大会に参加して…

そしてこのお蕎麦屋さんにも寄りたい、そう思っています。

このページのトップヘ