わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: ごちそうさま

この週末は2年振りに本州最東端の町宮古を訪問。

自走で4時間強…さすがにおじさんには堪えます。

宮古は今年が最後かなぁ~なんて思ってもいます。

午前7時半に青森を発ち、宮古に着いたのは11時半過ぎ。

早速お昼ご飯をということで

一昨年から目をつけていた「魚菜市場」へ向かいました。

20181110_113326

奥の方へ進んでいくと、食堂が2軒ありました。

さてどちらにしましょう…と考えてもしようないので

20181110_113353

左手のお店「丼の店 おいかわ」に入ります。

店前のメニューで、地元産の「牡蠣フライ」に決めていたのですが

ほぼ同時に入ったお客さんたちや、すでにいるお客さんがみんさん…

「宮古海鮮丼」を注文。大人気です。

それで注文変更。ボクも海鮮丼をいただくことに。

20181110_114350

20181110_114354

大人気の海鮮丼です。ほたてのようすがチト違う…。

お腹がすいていたのでがっついちゃいます。

三陸の海の幸…ごちそうさまでした。

この1か月ほどの週末は旅に出ております。

さすがに疲れてきましたよ。あと2週…そんな生活が続きます。

さて、そんな旅のひとコマ。

まずは2週間前の金沢。

20181027_122219

駅前の鼓門。威容を誇る金沢のシンボル…といったところかしら。

北陸の人にとって「青森」は遠い、遠い所なんだろなぁ。

実際、飛行機使って4時間、新幹線で5時間だものね。

しかもいずれも「直行」ではなく「乗換」があるし…。

きっと、北海道の方が「近い」感覚があるんじゃないかしら。

ともかく、青森から来たというと

「あらぁ~遠い所からわざわざ…」なんて2回も言われました。

そして、金沢に着いて最初の食事は

20181027_123236

20181027_124100

金沢名物という「ハントンライス」でした。

オムライスに白身魚のフライとエビフライが乗っている…という感じ。

お隣のテーブルでは4人全員がハントンライスを食べています。

地元の方か旅行者か…ほかを見渡しても人気のメニューでした。

そして、先週は仙台・天童。

仙台のアーケード街を歩いていると、コッペパンのワゴンに人が集まってます。

3つ、4つ買い求める人がほとんど。

コッペパンって人気なのかな…盛岡にも人気のお店があったよね。

で…お店のおじさんに勧められて1個購入しました。

20181103_192630

気仙沼パン工房の黒糖クリームサンド。ホテルに戻っていただきました。

そして翌日の天童。

生産量が日本一であるというラ・フランスを堪能し、シメは…

20181104_113359

やはり芋煮です。

温まります、美味しいです。

汁物はいいねぇ~。美味しいS印のビールがあればなおいいのですが…。

つぎの週末は三陸方面。

どんな美味しいものをいただけるか…ちょっと楽しみ。

まだ雪のあった頃だと思うのですが

花巻に「満州ニララーメン」なるものがあると耳にしました。

「ニララーメン」にはさほど気持ちは揺らぎません。

ただ、「満州」というのはひっかかる…

盛岡に冷麺があるように、岩手の食文化は北東アジアと繋がるのかしら。

で、4月に花巻に行く予定があったので

その際にに是非!と考えてましたが、結局花巻をキャンセルしちゃったので

今回の旅で…ということで、平和展示館から車を飛ばして

20180602_110422

「満州ニララーメン」の看板を掲げる「さかえや」に行きました。

店内には「6人以上の団体はお断り」の張り紙があります。

ひとりでよかった…

席に着き、お店の方がお水を持ってきてくださり

「満州ニララーメンをください」というと、4種類あるということで

20180602_110554

20180602_110547

メニューを見せてくれました。

気持ちとしてはカレーに惹かれるのですが、定番は醤油なのかな。

という判断で、醤油味を注文しました。

斜め後ろのご夫婦も満州ニララーメンを食べているようだけれど

何味を選んだのかしら…

さして待つこともなく

20180602_111138

これですよ、満州ニララーメン。

具はニラと豚肉と紅しょうがかな。そしてラー油で辛めの味付け。

あっ、麺は細麺でした。

この日の朝ご飯は午前4時台だったので、すでにかなりの空腹。

ずず~っ、ずず~っと麺を啜ります。

スープも残さずいただきます。もっと辛くてもよかったかな。

そして、思いのほか腹持ちもします。

身体が火照ったまま外に出ると、汗が噴き出てきます。

そうだ、今日は暑かったんだ。

結局のところ「満州」の意味は分からないままですが

久しぶりのラーメン、美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

先週末は再び名古屋へ。

空港からバスに乗りちょうどお昼過ぎに名古屋駅に到着。

前回の訪名の際に「次回は…」とランチはすでに決めていました。

それは…

20180310_121217

「あんかけスパゲティ」でございます。

時間が時間だけに並びましたが、それほど時間もかからず入店できました。

メニューの1番人気は

20180310_121220

「ミラカン」なるものらしいのですが、あまのじゃくのボクが選んだのは

2番人気の「ミラーズ(?)」と生ビール。

20180310_122612

赤いソーセージにベーコン、そしてマッシュルーム。

ケチャップにお醤油、黒胡椒…少ししょっぱ目の味付け。

翌日のことを考えると、炭水化物をしっかり摂るのはいいことでしょう。

そして店内をぐるり見回すと

「おなじ目的で名古屋に来てるのね」と思しき雰囲気を漂わせる方々が多数。

そもそも青森からの飛行機がそうだったものね。

で、翌日。

朝ごはんを早く食べたせいもあって、お昼になるとかなりの空腹。

20180311_131018

ちょうどナゴヤドームにおりまして、

しかももうしばらく居ることになりそうなので

S印も売っていたお店で合わせワザ的に

20180311_131820

「台湾まぜきしめん」をいただきました。

玉子をつぶして具と麺を混ぜ混ぜしていただきます。

ビールの肴的にいただきましたが、これがなかなか美味しかった!

ビールも進み、結局3杯ほどいただきました。

ごちそうさまでした。

来年はベトコンラーメンかなぁ…。

成績に関係なく…

走った後のお楽しみは地域の美味しいお酒と肴です。

前回犬山を訪れた際、ご城下が観光地化されていて

そこにボクの興味・関心を惹いて止まない光景があったのです。

でも、その時はちょっと出遅れたので、お店はどこも満員。

そんなこともあって、今年は急いで着替え、犬山ドックをいただき

しかも前の日にしっかり下見もしてました。

そのおかげで、今年は混み始める前に移動完了です。

で…スタートは

20180225_122623

名古屋コーチンのたたきを肴にまずは生ビール(S印じゃぁないけれど)。

おっ、さすが名古屋コーチン、美味しいですねぇ。

さらに、ちょっと甘めの味付けのお通しのまぐろも美味しいよ。

喉をビールで潤すと、やはり地酒ですね。

青森の田酒もありましたが、やはり中京地区のお酒でなくっちゃね。

さて、どれにしましょうか。お酒も豊富です。

20180225_123840

あっ、これにしましょう。岐阜のお酒「小左衛門(ござえもん)」。

「しょうざえもん」って言って注文したら、しっかり訂正されました。

20180225_124123

うん、飲みやすいお酒ですね。

ゆっくり味わいたかったのですが

お店も混み始め、カウンター席の移動を2度求められたのでここで終了。

ボクもそこそこ愉しんだので、つぎの人たちに譲りましょう。

そして、名古屋駅に移動をしてお次は

20180225_141107

札幌で慣れ親しんでいるYEBISUバーで2次会。

おつまみは、牛すじのどて煮です。名古屋メニューですね。

そして、嬉しいことにこの日はビール半額とのこと。

それじゃぁと、ぐいぐい4杯いただきました。うん、やはり美味い!

あっ、そろそろ移動の時間。バスに揺られて空港へ。

20180225_161620

空港では、ビールセットと愛知の地酒。

お酒は常滑のお酒です。

てんこ盛りの唐揚げは…少々もたれ気味です。

これで、今回の旅も終わるのね。美味しい旅だったねぇ。

そして、17時過ぎ

20180225_171015

今度は緑色の飛行機で青森に帰ります。

機内ではぐっすり眠ってました。走ったし、お酒飲んだし…ね。

3年連続の名古屋、1泊2日の楽しい気ままなひとり旅でした。

このページのトップヘ