わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: ごちそうさま

昨日は話題の「八戸ブックセンター」に行ってみました。

そして、帰途は三沢を経由することにして

20170108_134401

この時期の三沢の名物である「ほっき」をいただくことにしました。

そう、「ほっき丼」なんだよねぇ~。

でも、メニューに目をやると、ほっき丼(磯の香丼)の下に

「あんかけほっきチャーハン」とあって、「あんかけ」に惹かれたんだよなぁ~。

「ほっき丼」を目的にわざわざ来たんだけれど変更。

20170108_132633

チャーハンにしました。

実は、こちらのお店、焼き魚の定食のメニューが豊富でしかも安い!

イワシ、サバ、ホッケ…ほかにもあったかなぁ~

これらが400円~550円でいただけるのですよ。こちらも魅力的。

で、チャーハンをいただくのは何年ぶりかしら。

とろりとしたあんをかけるると

20170108_132727

あんかけチャーハンのできあがり!

ほっきがたっぷり入っています。

地場の野菜なのかしら…しゃきっとした長芋の天ぷらが美味しい。

ごちそうさまでした。

八戸に着いてから急に鼻水が出るようになり…

一晩過ぎてみると、どうやら風邪をひいちゃったようです。あらら。

先日、久しぶりに湯上りに体重を測ったところ

59.6kg…う~ん、空腹時とはいえついに60kgを切りましたか。

少し増えているとさえ思っていたので意外です。

標準体重が66kgなので落ち過ぎかなぁ。

何たって食生活が「エサ」っぽいものね。

さて、昨日はお昼ご飯をご馳走していただけるということで弘前に。

だからという訳ではないのですが、朝しっかり走り込んでもう空腹…です。

20161204_125900

連れて行っていただいた…といっても、車の運転はボクですが

創作郷土料理のお店「菊富士」です。

さて、何をいただきましょう…とメニューをながめていると

目に留まったのは「弘前市のソウルフード!」のフレーズ。

そうですか、ではいただきましょうソウルフード。

20161204_120059

「いがめんち定食」です。

ご飯とおそばがついていて、まぁ!久しぶりの「食事」だわぁ~。

メインの「いがめんち」は「焼き」と「揚げ」から選べ、「焼き」の方を選択。

写真では「いがめんち」が焼きおにぎりにも見えたり…

20161204_120104

ふだん練り物はほぼ口にしませんが、何たってソウルフード。楽しみぃ~。

いただきます!

ぱりっと香ばしく美味しいものです。

「いが」は完全にすり身になっていて、存在は分からず。

そして、ご飯とお蕎麦もしっかりいただき。

満腹、満腹。ごちそうさまでした。

少し食べ過ぎた感じです。

青森に帰ったら、少し運動しなくっちゃ。

 

一関でお餅をいただいた次のつぎの日

「民話の里」遠野を初めて訪れました。

かっぱ釣りなんかを愉しんだあとは、腹ごしらえ。

遠野はジンギスカンが名物なのだそうですが

ビールが欲しくなるので今回はご辞退。

そこで、ガイドブックに出ていた「暮坪そば」をいただきに

20160919_112437

20160919_112451

「ばんがり」というお店に行きました。

大きな通りに面しているのがお店の裏側で、反対側にある小さな入り口から入店。

20160919_111819

あれっ、メニューには「暮坪そば」がない…

ちょっと焦りましたが、左手の壁に手書きで書いて貼ってありました、ほっ。

それにしてもこちらのメニュー、焼肉とトンカツの「ミニ丼」が¥380で、単品は¥430…

かえって高くつく「単品」って何なんでしょう。ちょっと気になります。

まぁ、それはともかく、ボクはもちろん「暮坪そば」を注文しました。

そして、それほど待たずに出てきました。

20160919_111549

一見したところいつもの「ざるそば」のようですが

20160919_111539

こちらの薬味、これが「坪暮そば」の名前の由来となる

おろした「坪暮かぶ」です。大根じゃないんです、「かぶ」なのです。

口にするとかぶの味はするし、実はかぶはちょっと苦手…

でも、これがただの「かぶ」ではないのが(?)、ぴっりっと辛味があるところ。

これがお蕎麦の薬味にとっても合うのです。

少し早めのお昼となりましたが、とっても美味しくいただきました。

ごちそうさまでした。

さぁ、道の駅のスタンプラリーをしながら青森へ帰りましょう。 

この間の3連休は再び岩手県…

IMGP0923

一関を訪れていました。

朝5時に青森を出発し、久しぶりの平泉を巡って、11時過ぎに到着。

朝が早かったのでお腹もすき、まずは腹ごしらえ。

事前に調べたところ

こちらは「お餅」が名物らしいのですが、ボク自身はこれが苦手。

お正月にも食べないものねぇ。

そこで、お蕎麦をいただこうと

20160917_112646

20160917_112709

駅の近くにある「直利庵」という老舗のお蕎麦屋さん。

なのですが…真新しい張り紙があります。

20160917_112656

あらまぁ休業ですか、残念。

さてどうしましょう。駅前なので食事をするにはお店はたくさんあるのですが、

振り返ったところの電柱に

20160917_112749

75m先に「ひと口もち膳」ですか…

やっぱりお餅かぁ~どうしようかな。

まぁ、あまり考えてもしようがないので、これもまた運命かと思い

電柱広告に導かれるままに着いたのが

IMGP0922

「ふじせい」というお店。

あっ、ネットで調べたときに何度も目にしたお店ですねえぇ。

きっと有名店なんだろうなぁ。土曜日なので予約で一杯かしら。

お店に入り「ひとりなんですけれど…」と告げると

「どうぞ~」とカウンター席へ通してもらいました。

そして、早速勧められたのが

IMGP0919

こちらの「ひとくちもち膳」です。

メニューを繰ってみるとお餅以外のメニューもあるのですが、

ここはもう腹をくくって、名物のお餅料理をいただきましょう。

お料理を待っている間にも、続々とお客さんが入店してきます。

やっぱりねぇ。ひとりだったから予約ナシでも入ることできたのかな…

そして

20160917_111136

20160917_111139

こちらが「ひと口もち膳」です。

当然ですがお餅づくし…うわぁ、圧倒されます。

お雑煮のお餅は丸餅で、汁も透き通っていて、

わが家でお正月にいただいている―といってもボクは食べていませんが

お雑煮とは違います。

また、9つに仕切られたお餅の方は、真ん中は箸休めの大根おろしで

全部で8種類の味のお餅が並んでいます。

20160917_111145

こういうときって、ボクのばあいは「好きなもの」を最後にいただきます。

ですから、最初に口にするのはもっとも苦手なもの。

まずは「あんこ」そして、「ずんだ」へ…

あっ、「ずんだ」美味しい。豆の味がしっかりするのね。

そして、ボクにとって一番美味しかったのは「くるみ」でした。これはなかなか。

すべてひとくち、ふたくちでいただけちゃいます。

きっと30数年振りになるであろうお雑煮も美味しくいただきました。

あっという間にいただいちゃいましたが、お腹はもういっぱいです。

図らずも…のお餅料理でしたが、誘われるのに任せてみるのもいいものですね。

また、翌日のことを考えると

ここで炭水化物をしっかり摂っておくのもいいことでした。

とっても美味しかったです。

ごちそうさまでした。 

午前9時過ぎの新幹線で函館へ向かったのですが

車内のボクの周りはすでに宴会モードとなっていました。

東京からとすれば…しっかり出来上がる時間になりますね。

さて、函館に到着すると、まずは腹ごしらえ。

お昼には少し早いのですが

午前5時台に朝食をいただくと 、11時には空腹を覚えます。

駅前で電車の1日券を買い求め

向かった先は末広町の電停から海側に少し歩いたところにある

20160625_112411

カリフィルニアベイビーです。

地元の人、ライダーご一行様、お店はさらっと埋まっています。

その後はぽつり、ぽつりとランナーと思しき人たちの姿も…有名店なのですね。

そして、お店の前は翌日のマラソンコースでもあります。

ここまでしっかり走ることできるかなぁ~そんなことが頭をよぎります。

さて、注文はメニューをみるまでもなく

何たって周りを見回すとほぼ全員がいただいている「シスコライス」に決まり。

そして、見回したときにとってもとっても気になったのは

20160625_120545

こちらの愛しきビールたち。

1杯だけ…いやいや今日は我慢。美酒は明日のお楽しみにしましょう。

そうこうしているうちにシスコライスがお目見え。

20160625_113625

うっ、すごいボリューム。

バターライスにフランクフルトが2本乗っかって、そこにミートソースさんです。

こぉ~んな濃厚な食事は何か月振りでしょう。

花巻の白金豚以来かしら…

何たって9月に12%あった体脂肪が、現在7%を切っちゃってますからねぇ。

20160625_113631

でも、フルマラソンまでの栄養補給には、これくらい摂っておかないとね。

う~ん、身体に栄養がぐるぐるまわる感じ。

美味しかったです。

翌日いい成績が残せたのは、シスコライスのおかげだったのかも。

ごちそうさまでした。 

このページのトップヘ