わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: マラソン

雨のない週末は久しぶりですね。

夏休みの子どもたちは嬉しい?…もちろん、おじさんは嬉しいです。

ちょうど1週間前の土曜日は

20170722_065009

雨の小川原湖。雨も強く、ゴロゴロと雷も鳴ってます。

この日は、ボクとはどうにも相性の悪い

20170722_064758

20170722_064838

東北町の「わかさぎマラソン」大会でした。

相性が悪い…にも関わらず、ハーフのPBは去年のこの大会で達成。

会場に到着したのは午前7時少し前でした。

すでに雨は強く降っていましたが、スタップの皆さんは会場設営に懸命です。

アメダスレーダーによれば、しばらくは強い雨が続きそう。

そんなことで、開会式は中止となりました。

こんな強い雨の中で走るなんて…やっぱり相性が悪いのかな。

まぁ、今年はハーフではなく10kmなので覚悟をしましょう。

レーダーではもう少しで雨雲が抜けそうです。

そして、あと30分ほどでハーフのスタートとなる頃

きっとスタートに備えアップをしていた人も多かったでしょう…

大会は中止となりました。当日の中止は初めての経験です。

20170722_120258

事情はあるのでしょうけれど

開会式を中止とする時点で大会も中止にすれば分かりやすかったでしょうね。

雨はもうすぐあがります。

青森に戻って練習しよっと。

つぎのマラソン大会はいよいよ「道マラ」です。

7月2日の函館マラソンは

20170708_141817

大惨敗…。35km過ぎから足が前にでなくなりました。

これが「35kmの壁」というものなのかしら。

これを教訓に次に向けてスタートしなくっちゃと練習再開

20170708_142009

と、張り切りすぎちゃって自己最長の48kmも走っちゃいました。

ミネラル分を摂りながらだと結構走れるものだと分かりました。

とはいえ、翌日は十和田湖マラソンの日です。

大会前日にこんなに走っちゃぁダメでしょ。

20170709_061217

一応反省はしましたが、やはり十和田湖に来ちゃいました。

朝目覚めた時に体調はまずまずだったので。

早朝の十和田湖は「7月8日」、まだ昨日ですね。

温泉街のある休屋で受付を済ませたランナーの皆さんは

20170709_061308

遊覧船でスタート地点の秋田県小坂町へと向かいます。

ちょっとした十和田湖観光です。

これがこの大会の特色・魅力ですが、エントリー代にしっかり反映もされてます。

20170709_081248

間もなく開会式。

後方の道路がスタート地点になるなのですが、

スタート10分前でもほとんど並びません。なぜ?…それはとっても暑いからです。

日陰からなかなか出ていくことができません。

スタート前に軽くウォーミングアップをしたところ、やっぱり…

足にハリがあります。そして、左足には坐骨神経痛も出ています。

これは無理はできないね。

ということで、後方からのスタート。

おそらく2時間前後での完走を目指すくらいの位置だと思います。

1kmを5分25~30秒のJogペース。

去年とは違うなぁ~視野を広くして走ることができます。

湖を渡る涼しい風、木立の緑の匂いを全身で感じてます。

力走しているとこういうのを感じてないね。

たまにゆっくり走るのもいいかも…新しい世界。

気温はすごっく高く、市街地コースであれば倒れる人続出かも。

湖畔と木立の日陰がところどころにあり救われます。

5kmを過ぎたところから、足の具合をみながら少しづつペースアップ。

女性ランナーがどうやらボクをペースメーカーにしているようです。

よかったらどうぞ、どうぞ。

休屋に戻った辺りで秋田県と青森県の県境。

おばちゃんが、青森県へようこそ!って声をかけてくれます。

そして、徐々に上りがきつくなってきます。

10kmからの瞰湖台への激坂へのプレリュード。

さぁ、いきましょう。

20170624_145231

ここを左に折れると始まり~(2週間前に試走した際の写真)。

ピークまで約2.5kmの登りです。

20170624_145441

すでに、ボクをペースメーカーにしていた女性の気配はありません。

前方を走る方々の後ろ姿が辛そう…がんばれ。

歩いている人もいます。

ボクはここだけは足の具合を顧みず走ります。えっさ、えっさ。

20170624_145920

ピークをすぎると今度は約3kmのくだりとなります。

20170624_150233

標識によれば傾斜は10~11%です。

くだりは大腿四頭筋が刺激されます。

何度かブレーキを踏みながらも一気にいきます!

これが終わると残り5km。

ここから2kmほどは日陰もなく暑さが強くなります。

再びゆっくり目のペースで走ります。そして、ラスト3km。

足の具合も悪くなっていないので、ここから全力で走ります。

前を走る人は全員抜いちゃうぞぉ~の気持ち。

そしてゴール。

時計に目をやると1時間40分…あれっ、思ったより早いわ。

さらに、距離は20.5kmと…ちょっと短い?

まぁそれはそれとして、急いで着替え

20170709_105324

再び遊覧船で休屋へ戻ります。

涼しい風が入ってきて…ちょっとまどろみます。

20170709_115427

休屋に戻ると、「特設会場」に向かいます。

20170709_115950

こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、「廃墟」ロード。

なんだか淋しい気持ちになります。

そして特設会場では、お楽しみの「お振る舞い」です。

ひめます汁にバラ焼き。

去年のおもてなし

これは、去年のものです。

ね、結構豪華でしょ。期待しちゃってたんだよなぁ~

20170709_120400

こちらが今年です。あっという間に完食です。

この後閉会式があるそうですが、日陰のない炎天下にさらされ

しかも地域の物産コーナーもなく、温泉入浴できるのかも分からないので

途中で温泉に寄って…青森に戻ることにしました。

来年はどうしようかなぁ十和田湖マラソン。

函館マラソンと続くようだったら、考えなくっちゃならないなぁ。








この週末は、震災があった2011年5月以来となる

20170604_142609

20170604_142643

作並温泉で一泊。

前回訪れた際はまだ余震が多く

ド~ン!と大きな音とともに大きく揺れた記憶が蘇ります。

温泉で一晩過ごし、翌日は朝6時にバスで移動開始。

目的地は山形県東根市です。人生2度目の山形県。

20170604_071003

そして、「果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン大会」に参加しました。

山形県の大会に出るのは初めてです。

今年は東北6県すべてのマラソン大会に出るのを目標としています。

ここまで青森県1回、岩手県2回…で、これで3県目。半分達成!

なんでも、東根市は佐藤錦の発祥の地だとか…ふぅ~ん。

さくらんぼに愛はなく、もう何年も口にしてはいないのだけれど、

人気のこの大会には出てみたかったのです。

そして、驚いたのはメイン会場はなんと

20170604_074729

20170604_123255

陸上自衛隊の駐屯地だったのです。

すごいですねぇ~、マラソン大会に開放しちゃうんだ。

20170604_115039

この日は少し肌寒く、走るにはちょうどいい気温。

走ってみると、給水ポイントの間隔がほかの大会よりも短いようなので、

いつもは好天に恵まれ、暑さと戦うような大会なんだろうなと推察。

また、沿道での声援、とくに(動員された?)子どもたちの応援はすごい!

情けない走りはできないぞぉ~と思うオジサンでありました。

が、結果は目標の1時間32分台には及ばず…

20170604_104828

おおむね予定通りに走ることはできたのですが

ラスト3kmでバテました。スタミナ不足は課題だなぁ~。

昨年末に疲労骨折をしたので今年は「休養」を重視していて、

練習量が減っているのが原因かしら。

20170604_112326

ゴールの後は、つや姫のおにぎりとさくらんぼをいただきました。

少し寒かったので、温かい汁物が欲しかったのですが

物販ブースで見当たらず(見つけられなかっただけかも)。

今回は団体のツアーに参加したので、帰りのバスの発車まで2時間以上もあり、

ゆっくりと会場内を楽しむことができます。

20170604_110801

で、こちらの「冷たい肉そば」いただいちゃいました。

20170604_111328

寒いのに…考えのない行動を反省。この後、ぱらっと雨。

バスの時間に合わせ戻り、バスは再び作並温泉へ。

温泉で疲れと汗を流し、帰途に着きます。

1時間早い列車で仙台に出ることができたので、仙台でも少々お遊び。

名物の笹かまぼこと地酒を嗜み、いい気分で雨の青森へ。

駐屯地の売店のおばさんに勧められたさくらんぼワインをバックに忍ばせて…

さくらんぼマラソンは、さすが噂に違わずいい大会でした。

元気であれば、来年もまた参加しましょう。


週末は花巻に行ってきました。

この時期の花巻は3年続けてなのですが

20170422_143238

20170422_143647

満開の桜に出迎えてもらったのは初めてです。

目的は、3月の名古屋以来となる

20170422_143102

マラソン大会です。

会場は陸上競技場・野球場などが配置されたとっても広い運動公園。

そして、これに隣接して

20170422_144610

花巻東高等学校があります。

花巻東といえば…そうです!

20170423_065702

西武の菊池雄星投手、そしてわがファイターズの大谷翔平選手の母校。

だから…去年の大会が終わってすぐに決めていたことなのですが

20170423_041919

ファイターズのレプリカユニホームで走ります。

しかも、今年のWe Love Hokkaido 仕様。ぎりぎり間に合いました。

大会は…年々参加者が増えている感じ。

スタートの位置が少しづつ後ろに下がっているものね。

タイムの方は1時間32分台が出たのでまずまず。

怪我による冬期間の練習不足は克服できたかなぁ~。

ただ、ラスト1kmは気持ちがバテちゃったけど。

20170423_070424

走ったアトは、割引券を使って温泉で汗を流しさっぱり。

また来年…

身体が動いてくれるようでしたら春の花巻に帰ってきます。
 

13か月ぶりに名古屋を訪れました。

20170311_131118

ナゴヤドーム、恰好いいねぇ。

去年は2月の犬山、そして今年は…

20170312_081506

20170311_131217

ウィメンズマラソンのおまけみたいに開催されるシティマラソンに参加。

今年初めてハーフマラソンを走ります。

去年の年末に疲労骨折していて、それがようやく治ったのが1か月前。

そして、練習を再開したら今度は持病の腰痛…もう、ふんだり蹴ったり。

今回は完全に練習不足です。

でも、一応はできる限りの練習は積んできたつもり。

大会は3月12日、そして移動は前日の11日…

何となく、気持ちとして3月11日に青森を離れ、

まして行楽に出かけるのはもやもやとしたものがあります。

ですから、前日は14時46分を意識して熱田神宮にお詣り。

私自身の「言い訳」みたいな行為ではありますが…気持ちの問題です。

20170312_063350

また、参加するシティマラソン大会は今年で6回目だそうで

1回目は震災直後に実施されたとか。

「がんばろう日本!」のワッペンにはその辺りの意味が込められているようです。

ちょっとした縁(えにし)を感じます。

当日の朝はすっごく寒くって(放射冷却現象?)半袖になるのをためらったのが失敗。

気温はぐんぐん高くなり、雪国からの参加者としては「暑さ」を感じます。

しかも、ウィメンズのおまけ色が強いので、給水も取りにくいったらなく…

少々走りにくさを感じました。

20170312_142932

でも、大都会名古屋の市街地を走るのはとっても楽しかったですよ。

途中、10km~15kmにかけてバテてましたが

17km過ぎから第2ロケットに火がついたみたい。元気になりました。

走り始めてからスタート地点までに約1分半

しかもランナーが多くって最初の1kmに5分半かかっちゃったので

公式タイムはきっとよくないのだろうね。まだ、記録証は届いてません。

自分の時計では1時間34分台。

この1年で最も悪いタイムですが、完走できたことが何より嬉しい。

20170311_132801

ウィメンズの方のゴールはドームで、素敵な設えとなってます。

一方、ハーフマラソンの方は

20170312_122801

こんな面白い建物(科学館?)がある白川公園。

天気がよかったので、公園は気持ちがいいです。

ガールスカウトのお嬢さんから渡された、スポーツドリンクで喉を潤します。

そして、お振る舞いの肉なし豚汁をいただいた後には

20170312_123651

お待ちかねの生ビール。

今年もこれを楽しみに、走るぞぉ~と気持ちも新たに?

来年はどうしようかな

また犬山にしようか…いずれにしても名古屋方面を走りたいと思ってます。

つぎは来月、桜のシーズンの花巻。

今度はしっかり準備をしてのぞみたいと思います。

 

このページのトップヘ