わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 青森県

弘前公園の閉鎖は現在も続いておりますが

20200425_090500

桜の写真は7日に解禁となったので、4月25日に撮影したものを紹介します。

朝6時半過ぎの列車に乗って弘前へ。

20200425_082131

20200425_082139

門が閉まっちゃっているのは悲しいけれど、外濠の桜は満開です。

20200425_081826

満開の桜を眺め、写真を撮りながら散歩する人がちらほら。

きっとこの後人出が増えてくるのでしょうね。

20200425_082550

ですから、「密」を避けるために早めにやってきたのです。

朝の空気はとっても気持ちがいいですね。

20200425_083328

ここからは西濠の桜を眺めることができます。

最も人が集まりそうな場所。

ですから、その対策として三角コーンを2重に配置いるのでしょう。

反対側に回ってみると

20200425_083858

こちらからも眺められますが。左側にいる警備の方の視線が厳しい…

メディアの方々は許可を取って園内の取材をしていたようです。

そうして撮影された写真や動画がここ数日公開されています。

ちょっと羨ましい…

20200425_081948

20200508_054127

この日は公園の外周を2周走りました。

もう1周くらい走りたいけれど、徐々に人が増えてきたました。

ですから、退散して市内にあるほかの桜を楽しんできましょうか。


いいお天気、むしろ暑いくらいの5月4日。

弘前の某温泉に車を停めて

桜とカタクリを求め岩木山の桜林公園を目指しました。

もちろん、ランで。

道中、すれちがうランナーはゼロ。

約10km走ったところで岩木山神社に到着。

ここで小休憩。

20200504_103017

水を汲みに境内にお邪魔しました。

まぁ、桜が満開です!

さすがに神社にはお参りに来られている方がいます。

ここだけはBuffで口と鼻を覆います。

この姿は盗賊っぽいのよね。

さて、休憩を終えここから1km強の上りに入ります。

ちょっと急な坂ですが、一気に駆け上がります。

そうして

20200504_105135

桜林公園に到着しました。

こちらも桜が満開となっています。園内の立ち入りは禁止されていますが

中央の階段は登山者等のために開放されています。

20200504_105215

この公園の由緒は…

20200504_111459

明治時代初めの「百沢公園」だとか。

しかも「幸福の石碑」があり、それは現在もあるんだって。

そう言われちゃうとその石碑を探したくなるのが習い性。

周囲に人もいないので、中央の階段を上っちゃいました。

そしてしばらくいくと右手にありました。

20200504_110321

お地蔵様と向かい合わせに「幸神」と刻まれた石碑。

これが「百沢公園」からの名残なのですね。

それで石碑の後ろ側にまわってみると

20200504_110228

文政9年4月に建てられた石碑であることが分かります。

江戸時代のものだったのね、ふぅ~ん。

さらに進んで公園の淵を歩いていくと、カタクリが姿を現します。

20200504_111100

数か所でかたまって咲いていました。

桜林公園ではすっかり大休憩となってしました。

戻りは緩い下りとなります。結構、足にくるのよね。

ゆっくり走っていきましょう。

20200507_053332

カメさんコースで20km、楽しく走ることができました。

ちなみに、桜林公園はちょいと曲がった尻尾の先です。

この連休中は外出は控えるべきところではありますが…

「密」には十分気を付けて

20200505_100339

こんな道やら

20200505_101552

こんな急坂では、農作業をしている人くらいしか見かけません。

車とバイク・自転車はちらちらありますが、あっという間に過ぎていきます。

アップダウンがかなりきついので、ランする人は皆無。

山中教授ご推奨のBuff等を装着はしているものの

人と出会うことはないのでただの「襟巻」になってます。

そんな「密」とは縁のない道を汗をかきながら走ってきました。

この道の両側はりんご畑。

20200505_084728

いよいよりんごの花が咲き始めました! つぎの週末あたりがイイかも。

そしてランの終盤、山道を終えたところで振り返ってみると…

20200505_105136

さっきまで山頂には雲がかかっていたのですが、晴れました!

こういうお山の姿をめにすると元気が出るなぁ~。

で、ここはどこでしょう?…なんて。

この日は17km弱のラン。

今年はマラソン大会が次々と中止になり

「走ろう」という気持ちをキープするのも大変ですが

こういう素敵な景色を見ながら走ることで気持ちを繋いでいます。

あっ、今年は弘前公園の桜を楽しむことができませんでしたが、

JR弘前駅では

20200426_091100

こぉ~んなクリアファイルを配布しています。

デザインはこのかほに、西堀の夜景と2種類ありまあすよ。

津軽もいよいよ桜の季節になりました。

長い冬が終わり

桜の季節を迎えると気持ち華やぐものになりますが

今年はそんな気持ちにはなりませんね。

20200425_081948

日本有数の桜の名所弘前公園は閉鎖となり

しかも…通行規制のない外濠などの桜のようすを

SNSを公開することも事実上規制されています。

弘前市長のこうした要請にたいして地元新聞では

「公的な権限を持つ市長が、

個人の情報発信に踏み込んで自主規制を求めていいのだろうか」

という疑問を投げかける記者もいます。

ただ、桜を楽しむことができるのはほかにもあるようなので、

山中教授ご推奨の方法で口元を覆って「さくらジョグ」を楽しんでみました。

20200425_091752

まずは最勝院の五重の塔です。

時間的なことなるのかな、ここにはあまり人がいませんでした。

写真は少し暗いけれど、五重の塔と桜の風情はなかなかです。

そして、最勝院の周囲をぐるっとひと回りしてから

お寺がたくさんある禅林街の方に向かって走ります。

20200425_093451

突き当りの長勝寺でひと休み。

この辺りはひっそりとしていて、人の姿はほとんどありません。

20200425_094314

お寺と桜って、「The 日本の風景」って感じです。

しばらく走って左に曲がると弘前天満宮に着きました。

そして、こちらの境内には

20200425_094853

20200425_094909 - コピー

県指定の天然記念物となっている「しだれ桜」がありました。

知らなかったなぁ~。

お参りに訪れている人、この桜を見に来た人…ぱらぱらと人がいました。

20200425_094931

奥の方は広場のようになっていて

20200425_095142

ここから津軽の人たちが大好きな岩木山が見えるのですが、

この日は山頂に雲がかかっています。

そして、天満宮からゴールとなる岩木川の方に向かって走ります。

1時間半ほどで、距離は16km…少な目ではありますが

桜を愛でながらの楽しいジョグでした。


4月最初の週末はポカポカ陽気。

そんななか、残念だけれど来週閉鎖されることになる

20200404_090816

弘前公園に行ってきました。

午前9時までは有料ゾーンも無料で入ることができるとのことなので

7時半に着く列車で弘前に向かいました。

20200404_082157

本丸…ここでちょっと想像をたくましくします。

IMGP5887
(2019年4月28日撮影)
もう少しでこんな景色を楽しめるはずなんだけれど…今年はお預け。

園内はお散歩の人、ジョギングの人、小さい子どもを連れた家族の姿も。

ボクはジョギングのひとり。

ゆぅ~っくり隈なく園内を走ることがこの日の目標。

そして本丸から下り西濠方面に行ってみます。

20200404_083521

ここでもまた想像を…

IMGP5928
(2019年4月28日撮影)
お濠沿いの道を行くと

20200404_083708

カモが群がっていました。誰かがエサをまいたのかな?

あちらこちらと走っていると…おやっ

20200404_090050

ソメイヨシノではないけれど、桜が咲いていた!

20200404_090021

ちょっと嬉しいね。

さらに、外濠でも

20200404_091121

胴吹きの桜…今日辺り花が開いているんじゃないかしら。

20200404_081856

IMGP5858
(2019年4月28日撮影)
この日のジョギングは約14km。

今年はマラソン大会が軒並み中止になっているので

モチベーションを保つのが大変なんだけれど

先週の岩木山、そしてこの日の弘前公園…

タイムや距離を考えずに

地域の名所をめぐってゆっくり走るのもなかなかいいものです。

ランニングの新しい楽しみ方をしりました。

20200404_082549

もちろん、コロナ禍が去って

平凡な日常が戻ってくるのを辛抱強く待っていますが…

このページのトップヘ