わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 青森県

七戸から1時間ほど南下して八戸へ。

IMGP2220

蕪島まで移動してきました。

とにかく風が強い!…飛ばされてしまいそうです。

1年前のうみねこマラソンを思い出します。たしか、風速12mだったなぁ。

神社の再建工事真っ最中の蕪島では

IMGP2222

この日まで「島巡り」の特別開放をやっていました。

IMGP2238

IMGP2230

うみねこだらけの境内を

IMGP2237

3周するのはちょっとばかり度胸がいります。

傘も差していないので上空からの攻撃が怖い…ですから、ひとまわりで終わり。

IMGP2234

周辺はずいぶんと綺麗に整備されました。

IMGP2227

神社も早く再建されて欲しいものですね。

IMGP2263

明日はいよいようみねこマラソンです。

お天気の方はあまり期待できないようですが…まぁ楽しく走りましょう。

去年のような強風がないことを願います。

連休最終日

何年ぶりになるでしょうか

IMGP2190

IMGP2196

七戸・天王神社のつつじまつりに行ってきました。

混雑を予想して早目に出たのですが、思いのほか駐車場はすいてました。

IMGP2201

つつじの方も満開まであと一息といったところでしょうか。

でも十分愉しめましたよ。

恒例のピザカーニバルも来週末だとか…そっかぁ~。

つぎの週末は八戸に行くので、こられないものなぁ。

IMGP2208

「七戸町」の名前が入ったジャンパーを着た若い方に

「これから町内で出向くとすればどこがいいですか」と尋ねると

「金子ファームの菜の花はどうですか」とアドバイスをもらったので

早速そちらにいってみることにしました。時刻は10時を少し過ぎたばかり。

IMGP2215

IMGP2217

これもまたいいですねぇ。

青い空に黄色い菜の花が映えます。

で、やはり「花より団子」ということになっちゃうのでしょうか…

こちらに来たら

20170507_103935

ジェラートをいただかない訳にはいきません。

季節限定の「パイナップル」と「ほうじ茶」のダブル。

すきっ腹にはしみますねぇ。

デザートを先にいただいちゃった感はありますが、まだ時間もたっぷりあるので、

どこかで腹ごしらえをしてもう少し南に行ってみようかしら。

春の盛りを桜とすれば

こちらは、さしずめ春の入り口といえるでしょうか。

今年も

IMGP1894

浅虫・湯の島のカタクリ祭りに行ってきました。

去年の手帳を紐解くと、4月3週目に行っていてすでに見頃は過ぎていました。

ですから、今年は1週早くやってきました。

さて、どうでしょう楽しみです。

船で島に上陸し、山道を登っていきます。

実は早朝に40kmのランニングをしていたので、この山道はちょっとキツイ…

IMGP1942

道の両側には一部まだ開花していないのもありますが

ほぼ満開のカタクリが道案内をしてくれています。

今年はいつもと違って、小学生くらいの子どもが多いようです。

子どもたちは山道を勢いよく駆けあがり、駆け下り…

IMGP1933

危なっかしいと思うのは、やはりオジサンの感覚なんでしょうね。

思い起こせば

子どもの頃は札幌円山の「八十八か所」と呼ばれる山を駆けていたものです。

途中、道を塞ぐように撮影クルーの姿がありました。

IMGP1929

ガイドの方から聞いたところによれば

NHKの撮影だそうで、22日に放送されるんだって。映っていたりして…

おなじくガイドの方の話では

今年は白いカタクリは5株確認できたそうです。

IMGP1935

IMGP1923

教えてもらいながらですが、そのうち4つを目にすることができました。

IMGP1939

こちらは、木の幹の左側に…やはり望遠レンズ買おうかしら。

ようやく山頂に着くと

IMGP1937

女性のガイドの方に声をかけられました。

どうやらボクのことを知っているようです、なぜでしょう…

まぁ、おかげでしばらく植物のガイダンスをしていただけました。

役得、役得。

植物の名前は、漢字で書く「和名」を覚えることから始めるのがコツだとか。

たしかに…

学生時代に世界史を避けて日本史を選んだのは

カタカナ名を覚えるのがイヤだったのもひとつの理由だったかも。

こうして、少しばかり植物のお勉強をし賢くなった気持ちで下山。

学んだことを復習しながら…あぁダメ、もう名前がこんがらがっちゃってます。

〇△エンゴサク、◇※イチゲ…だっけ、もう出てこない。

情けないものです。

ずぅ~っと下の方まで降りてきたところで、

またガイドの方が教えてくれました。

IMGP1947

こちらの木は樹齢400年だとか。

ふぅ~ん。

この木は、江戸時代の浅虫観光の目玉「島めぐり」で訪れた人々をも見てきたんだね。

そういえば、浅虫には樹齢700年の赤松もあったっけ。

IMGP1950

こうして、今年も青森の春の訪れを実感したのでした。

足にはちょっとハリがあります。

そしてお腹もすきました。朝食は3時半だったものね。

さぁ、船で戻って腹ごしらえといきましょう。

昨日は久しぶりに浅虫を訪れておりまして

少し時間は遅くなりましたが、お昼をどこかでいただきましょう。

朝ごはんは午前3時半だったので、もう空腹もピーク。

そうだ!

何年も前に「行ってみたいなぁ~」と思いつつ

まだ行っていない「あそこ」…うぅ~ん、名前が出てこない。

線路の向こう側だったはず、と漠然とした記憶を頼りに行くと

20170408_134249

すんなりと着きました、「浅めし食堂」です。

うっすらと記憶するある店名は違いますが…まず間違いないでしょう。

20170408_134304

日替わりランチは「バラ焼き」です。

昨晩お肉食べたので、お肉以外がいいなぁ~と選んだのは

お店の前の看板にもあった「あさむし温泉カレー」です。

なんと、こちらは

20170408_135014

地場産の野菜をふんだんに入れた精進カレーだとか。

そう、2年間ほどカレーライスをお休みしていたのですが、先週解禁。

先週は

20170402_122447

お肉がメインのカレー…対照的ですねぇ。

解禁した途端に続いてます。

そして、出てきた今週のカレーは

20170408_140155

こんな感じです。温泉たまごも付いています。

温泉たまごの隣は、米ぬかの飲み物でした。

カレーの具のひとつ、高野豆腐にカレーが染みてはいなかったものの

全体としてはとっても美味しいカレーでした。

ほかのメニューも美味しそうなものがありました。

これはまた足を運ばなくっちゃいけません。

浅虫でいいお店を発見した…そんな感じです。

ごちそうさまでした。


今日のお昼はドカとヘビーに「かつ丼」~。

久しぶりだねぇ、去年の6月25日以来だよ。

IMGP1866

でも…要冷蔵なんだよね。

じつはコレ、七戸のお菓子屋さん「みやきん」の

「エイプリルフールスイーツ」で、勢いで買っちゃいました。

IMGP1869

蓋を外して眺めてみても…まぁよくできていますね。

ボクとしては「鑑賞」だけで十分満足、お腹いっぱい。

でもそうはいきませんねぇ。

これを如何にして平らげるか…それが問題です。

甘いモノ苦手なので、むしろ本物のかつ丼よりもヘビーだったりして。

このページのトップヘ