わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 青森県

昨日でねぶたの夜間運行がおわっちゃった。

今年は1度も観にいかず。

10分も歩けばすぐなのに、億劫だったんだよなぁ。

今日の昼間の運行と、夜の海上運行と花火大会で

「青森の(短い)夏は終わり」…なんてことをよく耳にします。

土曜日の昼間にラッセランドをぶらついてきたんだけれど

IMGP6871

こちらのねぶたが「大賞」を取ったようです。

紙?のようなものが舞っているのは珍しい構図ですね。

IMGP6859

こちらは「商工会議所会頭賞」…なのかな。

IMGP6866

こちらは「市長賞」です。

猛々しいところに柔らかさを感じます。

どのねぶたも暗くなって灯りが入ると映えるのでしょうね。

そして…

IMGP6875

エヴァンゲリオンもありました。

映画の予告は何度も何度も目にしていますが

分からないんだよなぁ~機動戦士ガンダムみたいなものなの?

今年のねぶた祭は連日いいお天気、むしろ暑かったかな…

ともかく

台風8号の影響が出ないうちに終えられそうでよかったね。

個人的には「ねぶた」のつぎは札幌大通り公園の「ビアガーデン」です。

まだまだ夏は終わらない…

ただ、こちらは台風の影響が少し心配。

8月3日、青森市内西部・油川地区の浄満寺で

20190803_103106

森山弥七郎と油川城主・奥瀬家の慰霊祭が行われました。

この行事は60年以上続いているもので、

第1回の「青森ねぶた祭り」でもこの慰霊祭の後にねぶたの運行がありました。

ですから、8月3日という日付は森山・奥瀬に由来するものではなくって

「ねぶた祭り」の方によるのでしょう。

かつては「墓前祭」と呼ばれていて、今でも多くの人は墓前祭と呼んでました。

で、故あってこの慰霊祭に参加してきました。

暑い、暑い土曜日だったなぁ…

本堂での法要を終えると

20190803_103202

境内へと移動して

20190803_114426

まずは森山弥七郎の供養碑をお参りしました。

森山さんは藩政時代前期の青森の町づくりに際して尽力したという人物。

まぁ、ある意味で「地域の英雄」なので、虚実入り交じりで

彼の「英雄伝」が伝えられています。

そして

20190803_115540

つぎは中世の油川城主奥瀬氏をお参りします。

油川城は後の弘前藩主となる大浦為信に攻められ落城の際

当時の城主であった奥瀬善九郎は逃げた…とも伝えられています。

一連の行事が終わると懇親会。

初めての参加だったので去年までのことは分からないのですが

今年は参賀者が多かったようです。土曜日というのがよかった?

ただ、年齢層が高いのがちょっと気がかり。

長く続く地域の行事を次の世代にどう伝え・残していくか…

また、油川には市内で唯一の造り酒屋・西田酒造があります。

そこで造っている「田酒」が目に入ったので

お昼間ではありますが…懇親会で1杯いただいて参りました。

急に「夏休み」となっちゃので、ほぼ毎夏恒例となっていいる

IMGP6840

田舎館村の田んぼアートを観に行ってきました。

平日の朝、9時少し前に着いたので観光客はまばらです。

するすると展望台まで上がり、今年のテーマは

20190729_085951_Pano

「おしん」です! どうして今「おしん」なんだろ…

まぁそれはいいとして、今年もまたすばらしい出来ですね。

そういやぁ、小林綾子・泉ピン子・伊東四朗の3人は分かるんだけど

傘のおじさんは誰なんだろ…。

おやっ、しかも傘のおじさんの左上のビニールハウスに

IMGP6836

「いちごいち ココでやるよ」だって。

これって今まであったかなぁ~。新たにいちごに力入れたのかな?

たしかに、たんぼアート商店街では

IMGP6841

生いちごソフトクリームがありました。で、早速…

IMGP6843

甘酸っぱくて美味しかったですよ。

では、第二会場にも足を伸ばしてみましょう。

20190729_092832_Pano

こちらは「おかあさんといっしょ60年」だって。

これらのキャラは分からないなぁ~

IMGP6848

となると興味・関心はやはりこっちに…

IMGP6846

寅さん! 最近ちょいちょいとDVD観ているのよね。


IMGP6851

ひばりちゃんもいた!

IMGP6852

田んぼアート駅もなんだか賑やかに装飾されていました。

この日は曇り空だったのですが、湿度が高くとても暑いです。

で、暑さとは関係ないんだけれど、田舎館に着いてから腰痛が出てます。

痛てて…展望台の階段を下るのもしんどいです。何故だっ!


青森市街中心部にある平和公園。

ここは、1周700mのランニングコースがあったりして

かつてはよく足を運んでいたのだけれど、最近はご無沙汰でした。

その平和公園の園内には

IMGP5969

「シェー」のポーズを彷彿させる像があります。

なかなかインパクトがあるこの像、天宇受売命(あめのうずめのみこと)と

いって、「天岩戸」の物語に登場する女神です。

原画は青森市の名誉市民棟方志功が描いたもので、

製作はむつ市出身の彫刻家古藤正雄が手がけたものです。

古藤さんって寡聞にして知らないのですが…園内にはもうひとつ

IMGP5966

天宇受売命像の左手の方にある「平和の乙女の像」も彼の作品。

しかも…たまたま市内東部、野内周辺を走っていたら

20180421_104905

道沿いにこんなのがあって、中央には観音像がありました。

20180421_104916

像の下にこの像のいわれを刻んだ解説板があって、

これも古藤さんの作品であることが分かりました。

古藤さんって青森と縁のある彫刻家なんだなぁと思い調べてみると

堤川沿いにある成田山の本尊である不動明王も古藤作品。

1561668938087

硝子越しに覗いてみたところ

1561668921364

色合いとか、右手の刀の具合が微妙に違うような気もするけれど…

これかなぁ~。

さらに、青森駅前の市民ホールにも

1561668955303

「弦月」という作品がありました。

市民ホールにはついも最近訪れる機会があったのですが

その時にはまったく気がつきませんでした。

ほんと、「ボ~っと生きてんじゃねぇよ!」ですね。


今年最初のかけっこは

20190127_094226

「弘前城リレーマラソン 冬の陣」となりました。

弘前公園内に設定された1周1kmほどのコースを

制限時間の3時間で何周走るかで順位を決めます。

ボクが入れてもらったチームはゆっくり楽しく走ります。

午前10時45分から始まった開会式には

20190127_104943

フレディ・マーキュリー(?)が登場。

20190127_105316

たか丸くんの眉間にもフレディが…

11時から始まったリレーマラソン。2回くらい走ればいいかな…

上位は弘前の消防と大館の消防が競っているとか…別次元の世界です。

20190127_103648

う~ん、ここも「平成最後」か…。

おやつ食べたり、温かいものを飲んだりしながら応援。

順調に周回を重ね、どうらや2回じゃぁ済まないみたい。もっと走るのね。

20190127_140014

滑る箇所、でこぼこがある箇所、走りにくいはずなのですが

屈強なランナーたちはそんなことお構いなし。

ガンガンと走ります。すごい…

ボクは2回目の終盤で窪みで左足を軽く捻りました。

ただ、幸いその後痛みが出ることもなくほっとしてます。

フルマラソンが迫っているので…

結局、4回走ることになりました。

走った距離は短いけれど、思いのほか疲れました。

ふくらはぎにも軽いハリを感じます。

そして、いよいよ制限時間の3時間を迎えます。

20190127_140132

ゴール前では各チームが総出で最終ランナーを迎えます。

雪国の真冬のラン…楽しいイベントでした。

そして、冷えた身体は温かいお酒で芯から温めましょう。

このページのトップヘ