わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 青森県

昨日、温泉ともやしとスキーなどが有名な大鰐町で

青森県では初めての開催となる

20170819_090336

「フォトロゲイニング」というイベントに参加しました。

フォトロゲイニング…初めて耳にした言葉ですが

地図を片手にチェックポイントを回る、イメージとしてはオリエンテーリング。

そして、各チェックポイントでは渡された「一覧」と同じ写真を撮ります。

今回は(ちょっと見えずらいですが)

IMGP2629

こういう地図が渡されました。

39か所のチェックポイントがあり、それぞれに点数がついています。

これを制限時間3時間で回り、総合点で順位を決めます。

大鰐のまちをゆっくり歩くのもよし

山の方をめぐるのも…楽しみ方はいろいろ。

ですから、参加する方も

トレランのランナーであったり、ハイキング・ウォーキングの人などさまざま。

午前11時にスタート。

ボクのチームは基本は「ラン」…のつもり。

20170819_124508

チェックポイントのひとつ大円寺。

申年の一代様。申年生まれなので記念に。

チームメイトにトラブルが発生したこともあり、コースも少し変更し

20170819_133801

制限時間を20分ほど余してゴール。

ほかの皆さんは、制限時間一杯使って頑張っていたようです。

ゴールをしてからは、大鰐温泉で汗を流してさっぱり。

そしていよいよ結果発表…まぁ、好順位は期待していません。

20170819_145746

ははは…微妙な11位。けど、思っていた以上の結果ではありました。

いやぁ~なかなか面白いですよ、フォトロゲ。

2回、3回…と続いて欲しいですね。

今年は登山を再開しよう!…と誓ったものの

スケジュールとお天気との相性が悪くなかなか実現せず。

先週末も里からながめる八甲田方面は真っ白。

知らなければ向こうに山があるなんて分からないほど。

それでも、行くことができるところまでと車を進めます。

八甲田方面に坂道を登り始めて少し

雲谷の辺りですでに白いもやもやが迫ってきます。

こりゃぁ~期待薄だなぁとしばらく行き、萱野茶屋へ。

するとどうでしょう、青空がぱっと広がり目指す大岳も山頂がくっきり。

俄然、気持ちも昂ります。

いつものように酸ヶ湯に車を停め、身支度をして

IMGP2592

午前8時、登山開始です。おやっ、登山口を整備したのですね。

IMGP2589

久しぶりなので、ゆっくり山頂を目指しましょう。

それにしても暑い、暑い。

酸ヶ湯でこれだけ暑いので、里はどれだけ暑くなるんだろうね。

この日はねぶたの夜間運行の最終日、暑いくらいでちょうどいいのかな。

IMGP2600

仙人岱で休憩。じわりともやもやが迫ってきています。

IMGP2601

山頂までもう少し。

ここから先は少しきつくなりますが、頑張って登りましょう。

IMGP2603

勾配がきつい森を抜け、鏡沼(?)まで登り下方に目をやると

白のもやもやが上へ上へとどんどん迫ってきいます。

ここまで登ってきた登山道がみえなくなってきています。

山頂が白くなる前に登らなくっちゃ。

IMGP2607

もう少し!

IMGP2610

ゆっくり2時間で山頂に到着しました。すでに多くの人たちで賑やかです。

お腹もすいたので、お昼には少し早いけれどここで食事。

山での食事は美味しさ一入ですね。

しっかり休憩してから下山。

IMGP2614

いつもであれば、すれ違う人も多いのですが…この日は1組だけ。

珍しいな。

そして、ここは夏の景色もすてきですが

IMGP2619

秋の紅葉の絶景ポイント。

しばらく紅葉の時期には訪れていないので今年こそは…?

10月は予定が詰まっているんだけれどその隙間で何とか…と願います。

IMGP2622

酸ヶ湯温泉が見えてみました。

向こうの駐車場にはマイカーが見えてます。午後2時、駐車場に戻りました。

暑かったせいもあってかなりの汗をかきました。

温泉で汗を流して帰りましょう。

2年振りの八甲田、やはり登山は楽しいですね。

マンホールガードなんてものがあるらしい。

青森市も2000枚作成して、8月1日から配布を始めた…とか。

マニアではないものの

「マンホール好き」なので、これは手に入れなくては。

枚数限定ですでにマスコミで取り上げられているようなので、急げ!

配布場所は勤め先の近く。昼休みを利用して行ってきました。

そう、この日(2日)から青森はねぶたが始まります。

職場は静かなものですが、一歩外に出ると街はねぶたモード。

さて、手に入れたマンホールカードは

IMGP2582

IMGP2583

やっぱり「ねぶた」でしたかぁ~。青森らしいといえばそうなんだけど…

駅前で配布しているので、観光客にもいいお土産になるかもしれませんね。

このデザインのマンホールは市内あちこちにあるのでしょうけれど

20170802_122557

ここ、駅前交番の左側にありました。

20170802_122620

デザインはおなじですが、配色が違いますねぇ。

カードとおなじ配色のマンホールを探さなくてはいけませんね。

マンホールカードは全国各地で作成しているのだとか。

これからの旅の楽しみがひとつ増えました。

7月の週末はお天気が悪かったり

なんとなく忙しくしていて時間が取れなかったのですが

ようやく…去年より2週間ほど遅くなりましたが

IMGP2498

田んぼアートを見るために田舎館村を訪れました。

9時少し過ぎに到着。

もう混んでいるだろうなぁ~と思っていましたが

エレベータに並ぶことなく展望台に上がることができました。

去年できた4階の広い展望台には

IMGP2490

いますね、いますねぇ~。

隙間にするりと身体を入れて、はい!

IMGP2485

今年のテーマは「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」です。

いつもながらですが、手の込んだ作品ですね。

IMGP2492

下から見ると何だか分からないんですよぉ~

で、ちょっと気になったのは、道路が交差する所にあるマンホール。

なんだか興味深い模様が施されているようです。

下に降りて確認してみましょう。

展望台にいたのはせいぜい10分ほどでしょうか…

降りてみるとすでにエレベータには行列ができていました。

ちょっとしたタイミングですね。

さて、件のマンホールは…

IMGP2491

弥生時代の水田跡がみつかった垂柳遺跡の「田舎館式土器」のデザインでした。

IMGP2495

また、お土産品などが売っている売店では

IMGP2496

ご当地サイダー「田んぼアート黒サイダー」なんてのがありました。

このほかにも、日本酒もあったような…

IMGP2497

人も増えてきたので、第2会場へ移動しましょう。

道の駅にある第2会場はすでに満車状態。

駐車場をくるくると2周して、ようやく空いたスペースに車を入れます。

20170730_095435_Pano

こちらのテーマは「桃太郎」です。

そして、鬼の隣には

IMGP2510

今年はダイアナさんですかぁ~!

さらに左に回ると

IMGP2506

石原裕次郎が…そして、田んぼアート駅が賑やかになってました。

どんどん規模が大きくなる田んぼアート。

これからどうなっていくのでしょう。楽しみですね。

暑くなってきました…次はどこに行きましょうか。

先週、珍しく地元のラジオに耳を傾けていたら

ベンセ湿原のニッコウキスゲが見頃とか。

ほう、ベンセ湿原かぁ…もう、3、4年は訪れていません。

ひところは毎年行っていたのにね。久しぶりに行ってみよっか。

IMGP2388

ということで、昨日の朝5時に青森を出発。

まだ、前日の雨の跡が残る道路を西へ、西へ。

津軽を横断すること1時間10分、ベンセ湿原に到着。

駐車場にはすでに車が3台停まってます。早いねぇ~。

さて、ニッコウキスゲが咲き乱れていると妄想が膨らんでいましたが

IMGP2368

こんな感じでした。

緑のなかにさらっと黄色が広がっています。

で…中央に人の姿がありますね、何をしてるのでしょう。

IMGP2371

迷彩服に身を包んだ男性がふたり。

大きなカメラは植物を狙っている感じではないようです。

きっと、野鳥を撮影しているんだ…と解釈しておきます。

「おはようございます」と挨拶をして後ろを通り過ぎてしばらくいくと

おなじようなグループがもうひとつ。野鳥観察スポットなんだろうなぁ。

IMGP2376

IMGP2372

久しぶりの湿原をぶらり、ぶらり…とひとり歩き。

そうだ、来週は種差海岸でも歩こうか、などと思いをめぐらしたりして。

風が吹くと少し寒い。

IMGP2384

40分ほどの朝のお散歩。

振り返った視線の先には岩木山があるみたいですが、

雲の帽子をすっぽり被ってました。

まだ7時前…さて、1日何をして過ごしましょう。

このページのトップヘ