わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 地域

ちょうど2年前の冬

20180125_072053

2018年1月25日の朝に撮影した青森市役所です。

少し前に正面の駐車場が閉鎖となり、建物も囲われました。

いよいよ新築工事が始まります。

そして今年、1月6日から供用となった

20200114_071904

青森市役所本庁舎です(2020年1月14日朝撮影)

この場所に庁舎が建ったのは60数年ぶりとなります。

昭和20年7月28日の空襲で焼失した庁舎(場所は県営駐車場付近)が

昭和22年にこの場所に新築となったのです。

大変立派な庁舎ですが、まぁ自分が訪れることはないでしょう。

「市民」としての用事があれば、概ね駅前庁舎で事足りるでしょうから。

さて、庁舎が新築される前、写真手前の道路沿いのバス停付近に

「市役所庁舎の変遷」を記した解説板がありました。

ただ、事実の誤認やら単なる誤字やら…とにかく間違いが多かったのです。

その解説板が庁舎西側に移され、内容もリニューアルされました。

20200113_091659

写真入りになりました。

青森市役所庁舎は、市制施行前の町役場の時代も含めて

「移転」がすごく多かったのです。

町役場から始まる約130年間、今の庁舎で8代目となるのです。
(仮庁舎を除く)

明治4年以来青森市(町)にある県庁がほぼおなじ場所にあるのと対照的。

ですから、その「変遷」を残しておくのは意味があるのです。

20200113_091708

公文書が残っていないので、新聞を根拠にせざるを得ませんでしたが

昭和31年新築の旧庁舎までは記事で裏付けを取っています。

この解説板は大通りに面していないので人目つかない…それが残念。

元日の会話の中で

「北大のクラーク像をちゃんと見てないのよ」

えっ、それはいけません。

北海道マラソン2度走っていたのに気づいてなかったか…。

ということで翌2日に北大まで行ってきました。

キャンパスにはインバウンドの方々や

そりすべりを楽しむ親子の姿がありました。人、いるのね。

20200102_103400

北海道マラソンではここを奥から手前に向かって走ります。

この辺りはゴール間近なので、ラストスパートで駆け抜けます。

そして

20200102_103414

このロータリーを左に曲がります。

ほらっ、左手(写真中央やや左)にいるでしょ、クラーク博士。

走っていると分からないかなぁ~。沿道には大勢人もいるしね。

20200102_103458

近づいてみました。

後方は映画「こんな夜更けにバナナかよ」のロケが行われた場所です。

クラーク像の左下方には

20200102_103505

小さな解説板がありました。

背景の緑色の図は「百年記念塔」をデザイン化したものですね。

たしか、百年記念塔は開道百年(明治百年記念事業)で建てられてものですが、

老朽化が進み今後解体される…とか。

で、クラーク像に別れを告げたマラソンランナーは

20200102_104438

ここ、南門を出て南方向に走ります。

20200102_104454

道の先には旧道庁、赤れんが庁舎が見えています。

オリンピックでもこのルートを走るのかしら…

そう、オリンピックが札幌開催ということになったので、

今年の北海道マラソンは

「大会の開催可否について、関係各所と協議しながら検討を進めています。」
(北海道マラソンホームページ)

ということです。まぁ、やはりそうなるか…という感じではあります。

結果は今月中に出るということなので、

開催されることを願って待つことにしましょう。

中止になったら遠野の「じんぎすかんマラソン」かっ!

新しい年を迎え早くも6日目の朝となりました。

年末年始はいつものように札幌で過ごしていました。

20191229_080549

しかも、暦のおかげもあって少し長く滞在できました。

移動は一昨年の「年末寒波」が意識下にあった訳ではありませんが

20191228_075340

20191228_075608

列車での移動にしました。お天気は穏やかな新函館北斗駅。

少し朝は早くなりますが、朝イチの新幹線に乗ると

飛行機での移動より札幌着がずいぶんと早くなるのです。

ですから列車移動を選択したというのが本当の理由なのです。

そして、列車のなかではゆっくり読書と

20191228_080026

美味しいビール。朝早いけどまぁいっか。

札幌では映画を観たり…

20191231_133637

ビアホールでの「CLASSIC」三昧の日々。

そう、大晦日の札幌の積雪ゼロは観測史上初だって。

今年は雪の少ないお正月。雪まつり大丈夫か…?

2日の初売りの日はとくにお買い物の予定はなかったものの

新春の札幌の街をぶらぶら。

ちょうど狸小路を歩いていたら

20200102_125451

振る舞い酒がありました!

もちろん1杯いただいております、へへへ~。

20200102_125537

こんな感じでぐだらぐだらと年末年始を過ごしておりました。

そして、あっという間に時が流れ…

今日からは「日常」に戻ります。

さぁ、頑張ろう!

11月最後の夜は

滅多に乗らない市営バスに揺られること30分…

20191130_172825

かかしロードのまち、油川へやってきました。

この日、市民センターで

20191130_173353

日本酒を愛でる会、こんな素敵なイベントが開催されたのです。

もう30回以上やっているんだって。

関係者からお誘いいただて、二つ返事で「いきます!」って反応しました。

20191130_173553

選りすぐり(?)の17種類の日本酒と

とっても美味しいお料理を楽しむことができます。

ボクの隣の女性ふたりはお酒をまったく飲んでいません。

お料理目当てで参加しているのかな。

それもまた然りと…とっても美味しいお料理でしたからね。
20191130_173700

始まる前に得た情報では「田酒」の純米大吟醸がすぐなくなるとか。

ですから、乾杯の後はこれからいただきましょう。

20191130_173615

開始中盤で、地元(?)シンガーの歌が入ります。

かぐや姫や堀江順とか…参加者の年代にドスンとはまってます。

ただ、個人的にはコレいらない…静かにお酒飲みたい。

最後は抽選会があって、残ったお酒を持ち帰ることができます。

ボクは外れちゃいましたが

斜め向かいのご夫婦は揃って当たっていました。羨ましいね。

20191130_173813

何種類飲めたのだろうか…

まったく覚えていあませんが、愛でました、愛でました…溺愛です。

来年も参加したものです。

そして、お料理もちゃんと食べたいので、一度「とまとりあ」に行ってみよう。

台風19号の影響で不通となっていた

北陸新幹線が前日に再開したばかりの金沢を訪れました。

20191028_081541

去年のおなじ時期にも訪問したので、ちょうど1年ぶり。

しかも、びかぴかの青空が出迎えてくれました。
(上の写真は2日後のものですが…)

20191028_084249

2年目の百万石のまち、まずは…

20191026_134033

バスに揺られて、ほぼ30年ぶりの兼六園。

20191026_134849

30年前の記憶はまったくありませんが

当時はこれほどに外国人客が訪れてはいなかったでしょうね。

和風の庭園で、いろんなコトバを耳にするのはちょっと不思議。

ただ、フランス語の響きはこの風景に合うように思いました。

ということは、似た音感を持つ津軽弁も…

20191026_135435

若い人が「あぁ~っ、昭和ぁ~」っておっしゃっておりましたが

いくらなんでも「そりゃぁ違うでしょ」って

おじさんは心の中でぽそっとつぶやきます。

そうそう、ここですっごく驚いたのは、

20191026_133950

兼六園と金沢城とがつながっていて
(30年前もそうだったのかなぁ~)

し・か・も、金沢大学が移転していたのでした!!

それで、金沢城のいろいろが復元されて史跡公園になっていました。

20191026_143841

弘前公園とは佇まいがずいぶんと違いますが、これもまたよし…です。

園内をぶらりぶらりと散策して

思い切って駅の方まで歩いて戻ることにしました。

30分を想定していましたが

あちらこちらに寄り道していたらずいぶんとかかっちゃいました。

そして

20191028_095726

近江町市場では

「曳山ブラック」というとっても美味しいビールをいただきました。

もう1杯という気持ちをぐっと抑えて駅前のホテルへ。

この時はまだ翌日に冷たい雨に晒される…

なんてことは夢にも思っていませんでした。

このページのトップヘ