わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 地域

青森市街中心部にある平和公園。

ここは、1周700mのランニングコースがあったりして

かつてはよく足を運んでいたのだけれど、最近はご無沙汰でした。

その平和公園の園内には

IMGP5969

「シェー」のポーズを彷彿させる像があります。

なかなかインパクトがあるこの像、天宇受売命(あめのうずめのみこと)と

いって、「天岩戸」の物語に登場する女神です。

原画は青森市の名誉市民棟方志功が描いたもので、

製作はむつ市出身の彫刻家古藤正雄が手がけたものです。

古藤さんって寡聞にして知らないのですが…園内にはもうひとつ

IMGP5966

天宇受売命像の左手の方にある「平和の乙女の像」も彼の作品。

しかも…たまたま市内東部、野内周辺を走っていたら

20180421_104905

道沿いにこんなのがあって、中央には観音像がありました。

20180421_104916

像の下にこの像のいわれを刻んだ解説板があって、

これも古藤さんの作品であることが分かりました。

古藤さんって青森と縁のある彫刻家なんだなぁと思い調べてみると

堤川沿いにある成田山の本尊である不動明王も古藤作品。

1561668938087

硝子越しに覗いてみたところ

1561668921364

色合いとか、右手の刀の具合が微妙に違うような気もするけれど…

これかなぁ~。

さらに、青森駅前の市民ホールにも

1561668955303

「弦月」という作品がありました。

市民ホールにはついも最近訪れる機会があったのですが

その時にはまったく気がつきませんでした。

ほんと、「ボ~っと生きてんじゃねぇよ!」ですね。


先週末は冬に逆戻り。土曜の朝から降雪。

南国宮城県への旅は、雪は大丈夫だろうと思いきや

夕方の仙台では雪が舞いました。おや、おや…

翌日は仙台駅前からバスに乗って宮城県北部へ移動。

乗車してすぐに微睡み、しばらくして目が覚めると白い景色。

そして雪が降っています。

20190324_074521

そのうち風も強くなってきて、寒い、寒い。

すっかり手足が冷えちゃいました。

夕方仙台に戻り、新幹線までの時間は

旅の楽しみのひとつ

20190324_163937

いつものお店で宮城県のお酒をいただきます。

肴にした〆た金華サバが美味しいねぇ。

そして、もうひとつの旅の楽しみは、地元色あふれるマンホール探しです。

今回は…

20190323_164502

20190324_060316

20190324_060531

こんな面白いマンホールと出会うことができました。

札幌にもファイターズのマンホールあるかしら…

少し前のネットニュースで須賀川に

「円谷英二ミュージアム」ができたという記事を目にしたので

20190210_150832

いわき市からの帰途、少し足をのばして須賀川訪問。

さすがは須賀川…

20190210_143440

ウルトラの国と姉妹都市なのですねぇ~。

で、須賀川ってマラソンランナーの円谷幸吉の出身地でもあります。

円谷姓が多いまちなのでしょうか。

カーナビに導かれ、須賀川市に入り少し進むとミュージアムがある

20190210_150708

「tette」という施設に到着。ここにミュージアムがあります。

どうやら市民センター的な施設のようです。

しかも

この日は館内でコスプレのイベントをやっておりすごい賑わい。

さてミュージアムはどこでしょう…あっ、5階ですか。

しかも、大人気なのでしょうか、入場制限をしていました。

受付の方にうかがったところ、つぎの入場は1時間以上も待つとか。

う~ん、そうなると帰りの新幹線に間に合わなくなるかも。

ミュージアムはつぎの機会かぁ。残念だけれど仕方ないね。

施設の1階のロビーには

20190210_144718

20190210_144734

20190210_144750

あぁ、懐かしいねぇ。

ウルトラQは生まれる前だけれども、基本的にはバッチリはまる世代。

ホント、ウルトラマンと仮面ライダーが2大ヒーローでした。

さらに外に出てみると施設のすぐ傍に

20190210_151003

エレキングがいました。そして、その向かい側には

20190210_150856

セブンだ! エレキングといえばセブン…そんな印象。

アイスラッガーを使うと格好悪い顔になっちゃうけど一番好き。

このほかにも通り沿いには

20190210_151353

20190210_151243

20190210_151205

20190210_151436

ちょっと歩いただけで、これだけのキャラクターがいました。

さしずめウルトラストリートです。

こうなると、やはりミュージアムにも入ってみたい気持ちは募ります。

須賀川では、10月に円谷幸吉メモリアルマラソン大会が開催されるとか。

出場しよっかな。

いつものことですが、年末年始は慌ただしく

あっという間に新年を迎えちゃいました。

20181231_133508

元日は午後に「お迎え」があるので、その前の時間を使って

20190101_103609

ここ数年続けてお詣りしている北海道神宮へ初詣。

そして今年のおみくじは…中吉。

20190101_105402

「待ち人 来らず 音信なし」っていうのは絶望的だけれど

総じて、大人しく静かに暮らしていけばいいのかな。それは望む所です。

神社詣りをしてすっかり身体が冷えちゃったので、今年初ラーメン。

20190101_113821

年に1回だけいただく、「よし乃」の味噌ラーメン。今年はもう打ち止め…?

そして、今年は2日に札幌から青森に戻ったので、3日はこちらでも初詣。

うん?、もう初詣とはいわないか。まっ、北海道と青森…いいでしょう。

津軽地方は干支の守り神とでもいうのでしょうか、

干支ごとの「一代様」なるものがあるのよね。

20190103_115304

で、申年の一代様は大鰐町の大円寺。

酉年の一代様を経由してやってきました。

この頃から少し寒気をもよおしています。

また、大円寺までやってきてふと思い出したのが…萩桂。

お寺のすぐ向かいにあると聞いていたので行ってみました。

大きな木なのですぐ分かります。

20190103_115515

20190103_115433

桂の木に萩の花が咲いた…不思議ですねぇ~。町の文化財です。

うううっ、寒さが増してきました。もうダメだぁ。

決して薄着している訳でもないのに。とくに足先が冷たくなってます。

弘前まで戻って「カレー南蛮」で身体を温めたのですが、効果ナシ?

咳がついちゃって、今朝熱を測ったら37.2度ありました。

風邪引いちゃったようです。

新年早々ついてない…のはやはり「中吉」だからかな。

もう何年ぶりになるのだろうか…すっごく久しぶりに上京。

今年の旅は神戸で終わりっ!が、急に旅に出ることに。

今回は浅草のホテルに宿泊したので、朝のお散歩はやはり

20181205_103847

浅草寺になってしまいますねぇ~。

前日の東京は気温が20度を超えていたようで

この日も高めの気温の予報でしたが、風のせいか体感はそれほどでもありません。

で、久しぶりの東京は…

20181205_101007

スカイツリーがこんなに近くにあるのに驚きです。

すっかり「お上りさん」でございます。

「葷酒山門に入るを許さず」よろしく境内は飲酒禁止となってました。

また、参道を横道にはずれてみると

20181205_102631

20181205_102715

20181205_102838

こんな通りがありました。

さすがは芸能文化のまち浅草(?)…といえるのかな。

そして境内の一角にも

20181205_100325

「映画弁士塚」ですって。

右側にはずらりと弁士の名前が刻まれておりますが、

ボクが知っているのは徳川夢声くらいです。

そしてその隣には

20181205_100655

「喜劇人の碑」というのがありました。

左手の黒っぽい碑には

20181205_100703

「喜劇に始まり 喜劇に終る」と刻まれてます。

揮毫は森繁久弥。森繁久弥は好きなのよね。

「サラリーマン忠臣蔵」っていったかな、面白かったなぁ。

このとき森繁久弥は主演の大石専務だっけ。

碑の裏側には

20181205_100526

20181205_100529

20181205_100532

すごい、すごい、錚々たる日本の喜劇人の名前が刻まれていました。

国民栄誉賞もふたりいるんだ…と改めて。

渥美清の寅さんは来年新作ができるんだよね。楽しみ。

あっ、三波伸介だっ! 好きだったなぁ~。

「笑点」の司会といえば、今でも三波伸介のイメージが強いです。

もちろん知らない方もいますが、しみじみと懐かしさに浸ります。

そっかぁ~いつか浅草の演芸場めぐりに洒落てみるのもいいかもね。

そしてスカイツリーも…

このページのトップヘ