わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 地域

もう何年ぶりになるのだろうか…すっごく久しぶりに上京。

今年の旅は神戸で終わりっ!が、急に旅に出ることに。

今回は浅草のホテルに宿泊したので、朝のお散歩はやはり

20181205_103847

浅草寺になってしまいますねぇ~。

前日の東京は気温が20度を超えていたようで

この日も高めの気温の予報でしたが、風のせいか体感はそれほどでもありません。

で、久しぶりの東京は…

20181205_101007

スカイツリーがこんなに近くにあるのに驚きです。

すっかり「お上りさん」でございます。

「葷酒山門に入るを許さず」よろしく境内は飲酒禁止となってました。

また、参道を横道にはずれてみると

20181205_102631

20181205_102715

20181205_102838

こんな通りがありました。

さすがは芸能文化のまち浅草(?)…といえるのかな。

そして境内の一角にも

20181205_100325

「映画弁士塚」ですって。

右側にはずらりと弁士の名前が刻まれておりますが、

ボクが知っているのは徳川夢声くらいです。

そしてその隣には

20181205_100655

「喜劇人の碑」というのがありました。

左手の黒っぽい碑には

20181205_100703

「喜劇に始まり 喜劇に終る」と刻まれてます。

揮毫は森繁久弥。森繁久弥は好きなのよね。

「サラリーマン忠臣蔵」っていったかな、面白かったなぁ。

このとき森繁久弥は主演の大石専務だっけ。

碑の裏側には

20181205_100526

20181205_100529

20181205_100532

すごい、すごい、錚々たる日本の喜劇人の名前が刻まれていました。

国民栄誉賞もふたりいるんだ…と改めて。

渥美清の寅さんは来年新作ができるんだよね。楽しみ。

あっ、三波伸介だっ! 好きだったなぁ~。

「笑点」の司会といえば、今でも三波伸介のイメージが強いです。

もちろん知らない方もいますが、しみじみと懐かしさに浸ります。

そっかぁ~いつか浅草の演芸場めぐりに洒落てみるのもいいかもね。

そしてスカイツリーも…

あらっ、11月も半分が過ぎていました。

まだ雪も降らない「長い秋」ですが、着実に「年末」に近づいているのね。

そして今月は

20181104_081834-1

20181104_082305

山形の天童ラ・フランスマラソンから始まりました。

昨年はエントリーしていたものの、直前に肋骨を骨折したので不参加。

ですから、前の週に金沢でフルマラソンを走っても…

腰痛がなかなかよくならなくても…どぉ~しても走りたかったのよね。

この日は朝から霧が垂れ込めて、少々肌寒い。

予報では晴れマークだったので、この霧が晴れれば…と期待。

20181104_081636

控え室が暖かくって、外に出るのがイヤになってきちゃう。

がっ、初参加なので、雰囲気を知りたかったので開会式にも出てみました。

20181104_081644

スタートしてしばらくすると霧も晴れ、少し暑いくらい。

青空もあって気持ちよく走ることができる…といいたいところでしたが

スタート直前から頻りに「尿意」をもよおしたり、

コースを不勉強だったので前半をゆっくり走りすぎたり…なんて。

各エイドではラ・フランスが提供され、

最後の方では網走市が出すエイドがあってそこではカニ!!

さすがに、スパートかけていたのでカニはパス…残念。

美味しいラ・フランスは、2,3か所でいただきました。

20181104_080434

今回は久しぶりにファイターズのユニホームを着て走りました。

黄色いからか、「ミニオン~!」との声もかかったり。

それはともかく

このユニホームのために北海道からの参加だと思われたようです。

ゴールしたら、DJの方に声をかけられました。

そう、しかも前日にプロ野球日本シリーズが終わったばかりでした。

インタビューに応えたからでしょうか、バッジをいただきました。

20181104_112457

トイレの時間ロスなどもあったので、このタイムはまずまずとします。

帰りは、「蝉の声」がしみちゃう山寺から仙山線でまずは仙台へ移動。

1本早い列車に乗ることができたので

20181104_134207

仙台でゆっくり…。しめ鯖が美味しい。もちろんお酒も。

おなじ東北ではありながら、青森から山形へは移動が大変。

それでも、来年も1回は訪れたいと思ってます。

この週末はかけっこナシの「かけっこの旅」に出掛けます。

この週末は2年振りに本州最東端の町宮古を訪問。

自走で4時間強…さすがにおじさんには堪えます。

宮古は今年が最後かなぁ~なんて思ってもいます。

午前7時半に青森を発ち、宮古に着いたのは11時半過ぎ。

早速お昼ご飯をということで

一昨年から目をつけていた「魚菜市場」へ向かいました。

20181110_113326

奥の方へ進んでいくと、食堂が2軒ありました。

さてどちらにしましょう…と考えてもしようないので

20181110_113353

左手のお店「丼の店 おいかわ」に入ります。

店前のメニューで、地元産の「牡蠣フライ」に決めていたのですが

ほぼ同時に入ったお客さんたちや、すでにいるお客さんがみんさん…

「宮古海鮮丼」を注文。大人気です。

それで注文変更。ボクも海鮮丼をいただくことに。

20181110_114350

20181110_114354

大人気の海鮮丼です。ほたてのようすがチト違う…。

お腹がすいていたのでがっついちゃいます。

三陸の海の幸…ごちそうさまでした。

昨日は朝から腰痛が強く出ていて

鍼を打ってもらって午後は身体を休ませていました。

夕方、まだ痛みはあったのだけれども

浄土宗のお寺正覚寺で雅楽の演奏会があったので

少し無理して行ってきました。1度聴いてみたかったのよ。

雅楽といえば、宮廷音楽のイメージがあったのだけれど

仏教とも深い縁があるのだとか。

IMGP4930

1時間ほどの演奏会。雅楽初体験にとっては、ちょうどいい長さ。

曲の合間になるとぺちゃくちゃ話し出すお姉様方には参ったけれど

とっても楽しいひとときでした。

7月29日から数日ぐわっと暑い青森でしたがそれも数日。

短い夏…なのか、それとももうひと踏ん張りとなるのでしょうか。

そして、青森の夏を告げる

商工会議所会頭賞

「青森ねぶた」も一昨日に全日程を終了しました。

去年もそうだったけれど、今年もちょこっとしか観ていません。

ねぶた大賞

こちらが、ねぶた大賞を受賞したようです。

明かりが灯ったものを観てみたかった…と思ったり。

月光仮面

月光仮面のねぶたもありました。

今年は土日のお天気があまりよくなかったので、

訪れた日曜日はビニール被っているねぶたが多かったようです。

そう、夜に出掛けた土曜日は、長袖着ていても寒かったっけ。

西の方は猛暑のようですが、北東北はどう表現できるのでしょうね。

数日暑い日もあって「冷夏」ではないとは思うけど、「猛暑」ではないね。

囃子方

ねぶたが終わり、暦の上ではもう秋。

そしてこれからお盆。

個人的には週末から久しぶりの札幌。

お楽しみに向けてもう少し頑張りましょう。

このページのトップヘ