わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: 登山・ハイキング

中野のもみじ山を訪れた翌日は今年3回目の仙台へ。

そしてその翌日5日は、朝7時過ぎの列車に乗り…

IMGP3220

きっとこんな感じで山間を列車は進み1時間ほどで

IMGP3231

JR仙山線山寺駅に到着です。

朝早くの列車でしたが、車内はとっても賑やか。

というのは、この日天童でマラソン大会があって、

参加するランナーの方々がどっと乗車していたのです。

この時間でもスタートに間に合うのですね。

実は、ボクもこの大会に参加の予定で、楽しみにしていたのですが

先月の肋骨の「不全骨折」が回復せず、ほかの病院で診てもらったところ

先生曰く「2本折れていますね」ということで

「不全」が取れた立派な骨折であることが分かり、大会参加は見送りました。

そこで、今回は「観光」だけの旅になったのです。

ランナーの皆さんも山寺の駅で降車となり

IMGP3092

山寺ホテルの前に立っている方の誘導に従って、シャトルバスへ。

羨ましいなぁ~という思いをひきづりながら、バスの前を通り過ぎ

山寺の登山口を目指します。

山寺といえば、もちろん

IMGP3124

松尾芭蕉ですよね。では一句…なんていうのは無理ですね。

IMGP3130

IMGP3131

本堂でお詣りを済ませてから、いよいよ奥の院まで登ることに。

その前にちょっとトイレ…

用を足していたらリュックに入れたスマホが鳴り出しました。

取り出して画面を見ると、目に飛び込んできたのは「宮城県に『大津波警報』」の文字。

えっつ!と思い、今一度しっかり読むと「津波避難訓練」に伴うメールでした。

かなり驚かされました。

さて、気を取り直して

IMGP3136

「静けさや…」の山寺の石段をひとつひとつ登っていきましょう。

IMGP3141

IMGP3150

IMGP3184

切り立った山によく造ったものだなぁ~。

最上義光の霊屋もここにあったのですね。

石段が1000段以上あると聞いていたので、大変だろう思っていたのですが

思いのほかすんなりと登りきっちゃって

IMGP3171

奥の院にたどり着きました。お詣りを済ませて下山。

石段が滑るので、下りの方が大変。

しかも、続々と登ってくる方がやってきます。

登りが優先でしょうから、すこし寄って道を譲ります。

一般の登山であれば、道を譲られたら声をかけるものなんだけれど…

まぁ、そんなものなのかな。

IMGP3197

晩秋の山寺…来てよかったなぁ。

今度は新緑の季節に訪れてみたいものです。

そして、来年は天童のマラソンを走るぞっ。

今年は登山を再開しよう!…と誓ったものの

スケジュールとお天気との相性が悪くなかなか実現せず。

先週末も里からながめる八甲田方面は真っ白。

知らなければ向こうに山があるなんて分からないほど。

それでも、行くことができるところまでと車を進めます。

八甲田方面に坂道を登り始めて少し

雲谷の辺りですでに白いもやもやが迫ってきます。

こりゃぁ~期待薄だなぁとしばらく行き、萱野茶屋へ。

するとどうでしょう、青空がぱっと広がり目指す大岳も山頂がくっきり。

俄然、気持ちも昂ります。

いつものように酸ヶ湯に車を停め、身支度をして

IMGP2592

午前8時、登山開始です。おやっ、登山口を整備したのですね。

IMGP2589

久しぶりなので、ゆっくり山頂を目指しましょう。

それにしても暑い、暑い。

酸ヶ湯でこれだけ暑いので、里はどれだけ暑くなるんだろうね。

この日はねぶたの夜間運行の最終日、暑いくらいでちょうどいいのかな。

IMGP2600

仙人岱で休憩。じわりともやもやが迫ってきています。

IMGP2601

山頂までもう少し。

ここから先は少しきつくなりますが、頑張って登りましょう。

IMGP2603

勾配がきつい森を抜け、鏡沼(?)まで登り下方に目をやると

白のもやもやが上へ上へとどんどん迫ってきいます。

ここまで登ってきた登山道がみえなくなってきています。

山頂が白くなる前に登らなくっちゃ。

IMGP2607

もう少し!

IMGP2610

ゆっくり2時間で山頂に到着しました。すでに多くの人たちで賑やかです。

お腹もすいたので、お昼には少し早いけれどここで食事。

山での食事は美味しさ一入ですね。

しっかり休憩してから下山。

IMGP2614

いつもであれば、すれ違う人も多いのですが…この日は1組だけ。

珍しいな。

そして、ここは夏の景色もすてきですが

IMGP2619

秋の紅葉の絶景ポイント。

しばらく紅葉の時期には訪れていないので今年こそは…?

10月は予定が詰まっているんだけれどその隙間で何とか…と願います。

IMGP2622

酸ヶ湯温泉が見えてみました。

向こうの駐車場にはマイカーが見えてます。午後2時、駐車場に戻りました。

暑かったせいもあってかなりの汗をかきました。

温泉で汗を流して帰りましょう。

2年振りの八甲田、やはり登山は楽しいですね。

クマの目撃情報…去年から多いですね。

登山に行くのが怖くって、去年は1度も登りませんでした。

今年もクマはあちこちで目撃されているようですが

登山を再開しようと思い、青森労山のツアーに参加。

6時に青森を出発し

IMGP2302

盛岡市にある姫神山の登山口についたのは9時少し前。

姫神山は初めてですが、この近くには昨年9月に訪れていました。

石川啄木のふるさとの近くです。

登山は先々週のことで、その前の週の暑い、暑い日は奥州市に行っていました。

ですから2週連続の岩手県です。

さて、今回の登山ルートは中央の一本杉ルートです。

IMGP2306

50人ほどの団体が、いくつかの班に編成されて登ります。

ボクは後ろから2つ目の班に入りました。

一緒に歩いたおばあちゃんは76歳…わが母とおなじ年齢です。

うわぁ~お元気。80歳までは登山をしたいのだとか、すごいなぁ。

IMGP2310

序盤はすくっと伸びる杉の森の中を登っていきます。

そして、この手がいっぱい出ているのが

IMGP2315

コースの名前に冠された一本杉だとか。

このコースは地域の皆さんに愛されてい、多くの方が登山を楽しんでいます。

お父さんと一緒に登る小学校4年生の男の子に

「お父さんの一緒に山登り、いいねぇ~」すると…

「来年はもう来ない」って。お父さんは苦笑い。

休憩を取りながらゆっくりと登っていきます。

そう、クマが心配。

労山の会員の方に尋ねてみたら、早朝と夕方が遭遇しやすいとか。

ちょうど食事の時間です。

そして、独特の臭いがある…のだそうです。

IMGP2327

IMGP2338

中盤から終盤にかけては岩場が続きます。

これがなかなか手ごわい。

間もなく山頂というところで、右側の森がぱっと開けます。

IMGP2347

うわぁ~いい景色。奥に見えるのは岩手山ですね。

そして、いよいよ山頂に到着。

IMGP2363

20170528_114349

達成感がありますねぇ~。この感じ、久しぶりです。

山頂は風が強く寒かったけれど、ここでいただくお弁当はまた一入。

やっぱり登山はいいね。

下山してからは温泉。この温泉も去年訪れました。

そして湯上りのビール、ぷぅ~っ。バスツアーだからできることです。

実は、前の週はフルマラソンを走ったばかりで、

少し身体にハリがあったのですが、しっかり歩くことができました。

次は八甲田大岳を目指します。

でも、クマが少し怖い…

このページのトップヘ