週末の新聞に載る「シネマの週末」を愉しく読んでます。

おっ、今週末はこんな作品が公開されのね、面白そう。

なんだけれど…

紹介される作品のうち、青森で公開されるのはわずか。

先週も「ローグ・ワン」1本だけ。

都会はいいなぁ~と思うのです。

これは、美術館や博物館の展覧会にもいえますね。

そして、先週の「シネマの週末」では、今年最後ということもあってか

「執筆者が選ぶ今年の5作」というのが載っていました。

11人の執筆者がそれぞれ5本の作品を選んでいます。

やはり青森市内で公開されてない作品が多いなぁ…そんななか

3人が1番に揚げていたのが「この世界の片隅に」という作品。

おやっ、これは市内の劇場で予告編を目にしたような…

ちょいと調べてみたところ、ちょうど公開中ではありませんか!

20161218_131312

そんなことで、日曜日に観てきました。

隣に貼ってある「イングリッド・バーグマン」にも惹かれましたが…初志貫徹。

劇場に入ってみると、お客さんが一杯。

そっかぁ~皆さんこの作品の評判を知っていたのね。

知らぬは自分ばかり…でした。

軍港呉を舞台に、戦争の時代を生きる

主人公のすずさんとその家族や市井の人々を描いた作品。

くすりと笑ったり、鼻がつ~んとしてはらりと涙が落ちたり…

すずさんが憲兵隊に捕まっちゃったり

普段穏やかなすずさんが怒りを露わにした、玉音放送のシーンが印象的。

また、流れる音楽もとってもよかった。

年の瀬にとってもいい作品と出会えました、感謝。