わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: その他の地域

名古屋でのお楽しみのひとつは、やはり「なごやめし」です。

去年は味噌かつと天むすをいただいておりまして、

さてさて今年は何をいただきましょう。

マラソンのナンバーカードの引き換え券に同封されていた

「おもてなし・なごやめしガイドBOOK」とにらめっこ。

いろいろあるんだねぇ~ガイドブックには20種類が出ています。

走る前だから、普段控えている炭水化物をガツン!といくとすれば

あんかけスパか鉄板スパか…

辛いのが大好きだから台湾ラーメンもいいかな。

名古屋に明るいマッサージの先生のおすすめは手羽先。

前日から考え続けた挙句、空港に着いてすぐに向かったのは

やはり昨年「食べそびれた」感がある

20170311_115953

ひつまぶしのお店です。

20170311_114647

3杯目で「お茶漬け風」にするからでしょうか、たれは少し濃いめ。

久しぶりにボリュームのある食事をしました。ご馳走さまです。

おっ、隣で大盛をいただくおじさんもランナーだね。

お店を出てぶらりと歩き出すと、そこここにランナーが。

きっと全国各地からランナーが集まってきているんだね。

そういえば

青森からの飛行機でも「らしき」お姉さまの団体がいたなぁ。

食事の後は、受付のためにナゴヤドームへ。

20170311_131742

ドーム内ではマラソンEXPOが開催されていました。

ちょっと冷やかしてみようと足を運んでみます。

すると、半分のスペースは

20170311_134025

飲食ブースとなっていました。

お昼食べちゃったからお腹いっぱいなんだけれど、少しぶらぶら。

天むすのブースが目に入り、ついふらふらと近づきます。

名物なので人気なのかしら、最後の2個となっていて

目の前にいた女性が1個を買い求めていました。最後の1個…

すると、ボクの隣にいた女性が「いいですよ」って声をかけてくれました。

買う・買わないなどは考えることなく、ぼぉ~っと眺めていただけでしたが…

「えっ、あぁ…よろしいですか?」と

しどろもどろになりながら女性の声に応じて、最後の1個を頂戴しました。

20170311_191603

20170311_191708

名古屋での夕食は2年続けての天むすとなりました。

そして、最後のなごやめしはラン後に…

前日までの計画では名古屋コーチンの親子丼だったのですが

走った後はあまり食欲がなく、むしろ生ビールを欲していたので

宮のきしめん

きしめんにしました。

味噌煮込みもあったのですが

さっぱりしたものがよかったので、天ざるにしました。

食事というよりはビールの肴になっちゃったかな。

そして思い出しました…大事なコト。

「地酒」をいただいていなかったのです。これはいけません。

名古屋駅に出れば一杯飲み屋みたいな所あるかな…まず、行ってみましょう。

と、移動してみたものの、まったくそんなお店は発見できず…残念。

リサーチ不足だったのでしょう。

ところが空港に行ってみたら、去年はなかった飲食店がありました。

名古屋空港にて

名古屋を離れる前に何とか「地酒」にありつけました。

おつまみには手羽先も。

「なごやめし」の続きをいただくために

きっと来年も名古屋に足を運ぶことになるんだろうなぁ。

お小遣い積み立てなくっちゃ。





 

13か月ぶりに名古屋を訪れました。

20170311_131118

ナゴヤドーム、恰好いいねぇ。

去年は2月の犬山、そして今年は…

20170312_081506

20170311_131217

ウィメンズマラソンのおまけみたいに開催されるシティマラソンに参加。

今年初めてハーフマラソンを走ります。

去年の年末に疲労骨折していて、それがようやく治ったのが1か月前。

そして、練習を再開したら今度は持病の腰痛…もう、ふんだり蹴ったり。

今回は完全に練習不足です。

でも、一応はできる限りの練習は積んできたつもり。

大会は3月12日、そして移動は前日の11日…

何となく、気持ちとして3月11日に青森を離れ、

まして行楽に出かけるのはもやもやとしたものがあります。

ですから、前日は14時46分を意識して熱田神宮にお詣り。

私自身の「言い訳」みたいな行為ではありますが…気持ちの問題です。

20170312_063350

また、参加するシティマラソン大会は今年で6回目だそうで

1回目は震災直後に実施されたとか。

「がんばろう日本!」のワッペンにはその辺りの意味が込められているようです。

ちょっとした縁(えにし)を感じます。

当日の朝はすっごく寒くって(放射冷却現象?)半袖になるのをためらったのが失敗。

気温はぐんぐん高くなり、雪国からの参加者としては「暑さ」を感じます。

しかも、ウィメンズのおまけ色が強いので、給水も取りにくいったらなく…

少々走りにくさを感じました。

20170312_142932

でも、大都会名古屋の市街地を走るのはとっても楽しかったですよ。

途中、10km~15kmにかけてバテてましたが

17km過ぎから第2ロケットに火がついたみたい。元気になりました。

走り始めてからスタート地点までに約1分半

しかもランナーが多くって最初の1kmに5分半かかっちゃったので

公式タイムはきっとよくないのだろうね。まだ、記録証は届いてません。

自分の時計では1時間34分台。

この1年で最も悪いタイムですが、完走できたことが何より嬉しい。

20170311_132801

ウィメンズの方のゴールはドームで、素敵な設えとなってます。

一方、ハーフマラソンの方は

20170312_122801

こんな面白い建物(科学館?)がある白川公園。

天気がよかったので、公園は気持ちがいいです。

ガールスカウトのお嬢さんから渡された、スポーツドリンクで喉を潤します。

そして、お振る舞いの肉なし豚汁をいただいた後には

20170312_123651

お待ちかねの生ビール。

今年もこれを楽しみに、走るぞぉ~と気持ちも新たに?

来年はどうしようかな

また犬山にしようか…いずれにしても名古屋方面を走りたいと思ってます。

つぎは来月、桜のシーズンの花巻。

今度はしっかり準備をしてのぞみたいと思います。

 

この前の週末は

20170212_063825

フラガールのふるさとで

今年で市制50年施行となるという、福島県いわき市に行ってきました。

郡山で車を借りて1時間半のドライブ。

向かった先は

20170211_132800

IMGP1597

「アクアマリンふくしま」です。

駐車場に車を停め、外に出たとたんに…

怪獣が吠えているかのような声が聞こえてきます。

その正体は

20170211_144200

はは…あなたでしたか!

こちらの水族館、なぁ~んかずごいの。

20170211_143106

森があったりして、「地球」規模のスケールなのですよ。

そして

私たち人類はお魚たちの命をいただくことで生きているのだから…

イワシなどが泳ぐ水槽の後ろに「寿司屋」があったりするのです。

初めて目にする珍しい海洋生物もいて

20170211_150613

こちらは、チンアナゴっていったかと思います。

また、こちらでしか展示していないエビもいました。

外にもビオトープがあったり、カッパのゾーンもありました。

カッパは昨秋に遠野で釣りに興じた経験を生かして…なんて。

20170211_152437

食事の時間を除くと2時間ほどの見学…あぁ、時間が足りない。

半日くらいは時間をかけて、ゆっくり楽しみたい施設です。

20170211_151827

ただ、の日は朝から持病の腰痛がかなり強く出てしまっていて

屈んだり立ち上がったりするのが辛くって…体調整えて出直しです。

今度は外のビオトープが緑に包まれる時期に訪れたいな。

とにかく楽しい水族館でした。 

前回からの続き…

そろそろ車に戻ろうと来た道を引き返していくと

どうやら散策路はまだ先に続いていて、そこを少し進んでいきます。

IMGP1291

そして、前方のトンネルを抜けると白い建物が見えてきました。

浄土ヶ浜マリンハウス…ふぅ~ん、あまり関心ナシ。

ところが

IMGP1294

こちらの看板の前で足が止まりました。

青の洞窟…「波が静かで天気のいいときだけ」ねぇ~まさに今日だね。

ちょっと気持ちに揺らぎがでてきたところで

マリンハウスの方にも声をかけられ、つい「ひとりでもいいですか?」と。

そんなことで、ヘルメットとジャケットを身に着け乗船。

3人乗りの船にガイドのおじさんとふたり。

そして、うみねこのエサであるかっぱえびせん1袋を握り…出船。

うみねこたちは、えびせんの袋に反応するようで

まだ袋をあけていないのに近づいてきます。

おじさんの「投げてごらん」の声にしたがい、一握り海に投げてみます。

IMGP1298

すると、ぶわぁ~っとうみねこが集まります。

低い位置を飛ぶのがボクの頭上を…ちょっと怖い。

それでも、右に左にえびせんを撒きます。

そうして

20161112_123810

お友達ができました。

ジョナサン、身体の色から察するにまだ幼いんじゃぁないかな。

ここからは2人旅。

そして、メインである青の洞窟へ向かいます。

IMGP1315

ジョナサン、先にみえるのが洞窟だよ、どれどれ楽しみだねぇ。

ところが、ジョナサンは洞窟を前に姿を消しました…びびったのかなぁ。

さらばジョナサン。

20161112_124700

洞窟に入りました。

たしかに、波が静かじゃぁないと入ることはできないでしょうね。

そして、ヘルメットも必要…

この先に見える

IMGP1318

小さな穴、ぼこっぼこって水が吹き上げます。

ガイドのおじさんの話では、あの穴は八戸に通じるという伝承があるんだって。

なるほど…なんか分かるようなきがします。

「穴」って、時間とか空間を超えちゃうのだよね、きっと。

青森市内にも浦嶋太郎が釣りをした「ほら穴」の伝承があって、

きっとその穴の向こうが「竜宮城」…そんなイメージなんだとうと見立てています。

八戸への穴も、この辺りの人々のそんなメンタリティによるものなんだろうなぁ。

船は少し後ろに下がります。

IMGP1323

おじさんの指をさす先にはお魚が悠々と泳いでいます。

お魚の名前も教えていただきましたが…もう忘れちゃいました。

この青い海は水深が8メートルほどあるそうです。

こうして、洞窟を出ると約20分ほどの船遊びは終わりとなります。

まったく予定外ではありましたが、これもまた楽しいものでした。

お天気がよかったおかげだね。

浄土ヶ浜を満喫させていただきました。

久慈につづいて2週連続の三陸海岸行。

今週は宮古市で、青森から4時間半のドライブで浄土ヶ浜に到着です。

20161112_113554

宮古には去年も訪れていたのですが観光ができなかったので

今年は早めに出発し、まずはこちらを訪問。

お天気にも恵まれ静かな海。

駐車場は海岸からは離れたところにあるので、車の音もしません。

景色を愉しむにはとってもいい環境・条件でした。

IMGP1274

引き波が水際の石を動かして…カラカラカラって小さな音がします。

気持ちが穏やかになります。

しばらく散策したあと、売店や食堂のある施設に入ってみると

20161112_120416

「うみねこのエサ」かっぱえびせんが売っています。

うみねこも「やめられない、止まらない」なのかしらねえ~

IMGP1263

まぁ!、やっぱり止まらない感じですね。

ちょうどお昼時だったので食堂で食事を済ませ散策を再開…

すると、まったく予期せぬ楽しい事態に遭遇(経験)することになりました。

こちらは次の機会に。

このページのトップヘ