わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

カテゴリ: その他の地域

須賀川から郡山へ戻り、日本遺産の安積疎水を学ぶために

20200223_143953

「開成館」を訪ねました。

和洋折衷とでもいいますか、面白い佇まいの建物です。

この頃、郡山も時折雪がぶわぁ~っと降り寒い!

開成館にたどりつく前に、おなじ敷地内に移築復元された

開拓者住宅などを見て歩いたものだから身体もしっかり冷えてます。

20200223_143957

開成館は1階~3階までに展示・解説スペースがあります。

ただ、スリッパなどを履くことができないので、すぐ足が冷たくなります。

だから、さらぁ~っと一巡りしてそそくさと出てきちゃったのですが…

ともかく!

小苗代湖から郡山まで疎水を引いたということ、しかも3年で成し遂げた。

現在、郡山から猪苗代までは磐越西線で1時間ほどかかると記憶しています。

そのくらいの距離の疎水を3年で完成するなんて…すごいですね。

もう少しちゃんとお勉強したかったので

暖かい時期を見計らって再度訪れたいと思います。

はて、須賀川でお昼ご飯は何がいいだろう…?

スマホでいろいろ検索してみて「これっ!」と決めたのは

住宅街に佇む

20200223_134740

20200223_134712

お蕎麦屋さんの「藤田」です。

20200223_134817

お庭もなかなかステキ。

外からなかめると灰皿が気になりますが

店内からは見えなかった…ような気がします(ちゃんと覚えてない…)

カウンターが4、5席、小上がりはテーブルが3つあって

真ん中のテーブルにつきました。

この日は会津のそば粉のお蕎麦です。

20200223_132233

かき揚げざるそばを注文したところ…

20200223_132239

かき揚げが思いのほかにブ厚くって大きい!

さくさく美味しいかき揚げですが

食べ切るのにはちょっと苦労しました。

お蕎麦はつるつるぅ~っとのど越しよくいただきます。

かき揚げがなければ、大盛でもいけそうです。

ごちそうさまでした。

会計の際にお店のご主人とちょっと会話をしましたが

笑顔が素敵な優しい感じの方でした。

ここで時計に目をやると…

帰りの新幹線にはまだ少し時間があるので、郡山観光もできそう。

さて、どこに行こうか…

大内宿を発ち、東の方へ向かいます。

目指すは昨年も立ち寄った須賀川市。

ただ、慣れない車に知らない山道、そして雪。

追いついてくる車に何度も道を譲りながらようやく到着。

20200223_114105

円谷英二ミュージアムです。

去年はオープン直後で1時間待ちとなっていて入場を断念。

今年はするぅ~っと入場できました。

それほど大きなスペースではありませんが

見所満載なので結構時間がかかります。

しかも、図書館に併設されてるせいか、図書の展示もたくさんあります。

あっ、『ヒトラーの試写室』もあった! かなり面白かった作品です。

20200223_121751

お客さんは圧倒的に若い世代。にぎやかなちびっこ声も聞こえます。

こうして円谷ワールドが継承されていくのは嬉しいね。

彼の特撮映画は日本が誇るべき文化ですから。

あっという間に1時間以上経っていました。

お昼も過ぎてお腹も空いてきたので、ぼちぼち移動しよっと。

23日に開催予定だった「いわきサンシャインマラソン」は中止。

あぁ…今年もか。

4年連続でエントリーしたものの走ったのはまだ1回だけ。

来年は走ることできるかなぁ。

さて、大会は中止になったものの1泊2日で旅には出ました。

初日の22日は会津若松駅周辺をぶらりぶらり。

曇り空ではあったものの暖かで、「ぶらり」にはちょうどイイ。

ところが、翌日は風が強く…予報では会津は雪。

お天気は事前に予測はしていたので、しっかりまかなって

郡山で借りたレンタカーで南へ、山の中に入っていきます。

いよいよ雪が降ってきました、ぼたり、ぼたり…大粒の雪。

目的地は

20200223_091339

大内宿でした。約9年ぶりの訪問です。

お土産屋のお母さんの話によれば、雪はこの日の朝からとか。

時折ぶわぁ~っと風雪が強くなります。

ただ、いつもの年は1m20~30㎝の積雪だというので、やはり雪は少ないですね。

お母さんは「昨日まではトウキョウ」と表現してました。

ただ、この冬景色

20200223_093052

これはまた風情があっていいものです。

観光客も続々とやってきます。

あまり人が増えないうちに退散しましょう。

次はもう一度山を越えて…

去年は大人気で入ることができなかった、「あそこ」へ行きましょう。

先週末、2月17日は

20200215_152655

京都マラソン2020が開催されました。今年も抽選大当たりぃ~!

当日のお天気は雨…

でも、気温は去年よりもずっと暖かです。

開会式のアナウンスでは「早春の京都」だって。

まぁ立春過ぎてるものね。

20200215_140456

さいわい雨は小雨で、止み間もありました。

さすがに2年目ということもあって気持ちに少し余裕ができたのか

コースを広い視野で眺めることができました。

あらっ、こんなコースだったのね。

ペースは後半に余力を残すべく抑え目にします。

20200215_141043

そう、30kmを過ぎてからガァ~っと行きたいものね。

エイドでは確実に水分を取り…これがいけなかったのか

23km過ぎでお腹が痛くなりました。こりゃぁいかん、大変だっ!!

もうこうなるとコースを広くなんて見られません。

ひたすら目は左側。トイレ、トイレ、あぁトイレ~!

ようやく25km辺りの折り返し手前にトイレ発見。

スパートかけて飛び込みます。

すっかり籠城し、思わぬタイムロスをしてしまいました。

タイムを考えるのはもうやめて、残り半分は楽しく走りましょう。

そうそう、去年は京都御所を見落としていたんだっけ。

今年はしっかかり確認しなくっちゃ。

で、その前の鴨川の河川敷はドロンコ。

これは走りにくいぞぉ~。転んだら一大事だね。

慎重にソロリソロリと走ります。

去年ケガをした35kmも過ぎ

いよいよ最後の難所、母校(んな訳ないでしょ)京都大学付近のアップダウン。

このとき、後方からきれいなフォームで走る女性がスパートをかけてきました。

体力的には余力があるぞっ、この女性についていこう。

上りはこの女性の後方について、下りで抜きました。

加速、加速…もうゴールまでは「あじゃら走り」で行きましょう。

久しぶりのラストスパート。

うん、気持ちいい。

最後までスピードを落とさずにゴ~ル!

今年最初のフルマラソン、一応完走です。

20200216_152437

タイムは平凡でしたが、納得できるランができました。

来週のフルが楽しみです。

もちろん、足の疲労がしっかり抜ければ…ですけどね。

さて、帰青して東京マラソン縮小の報道に接しました。

これでドミノ倒し的に中止が増えてくるんだろうね。

来月のナゴヤもだめだろうなぁ~。

オリンピックもか…

このページのトップヘ