7月最初の週末は

20190706_113014

今年も函館にやってきました。
おやぁ~っ、道路は濡れていますね。水たまりもあります。

雨…降ったのね。そして少し肌寒い。

あらら、明日のお天気はどうかしら。

何たって明日は

20190706_130457

いつもお天気に悩まされる函館マラソンです。

20190706_130951 - コピー

美味しいモノをいただきながら函館のまちを走ります。

第1回大会のタイムが現在までの自己ベスト。

この大会で更新…したいんだけどなぁ。

20190707_070644

当日の朝は、少し寒かったけれど走るにはちょうどいいかな。

ウォーミングアップの時点では身体の調子もまずます。

開会式が始まると、あぁ~やっぱり雨。

でもこのくらいならば問題なし。

そして9時10分スタート。

直後から思ったより汗をかきます。きっと湿度がたかいのでしょう。

早めの塩分補給を心がけます。

ただ、気温はちょうどよく、向かい風であっても心地よい風。

ペースもほぼ自分の設定通り。

手持ちの時計で、30kmは2時間半で通過しました。

これは…最後の頑張り次第で自己ベスト更新か?

よぉ~しいくぞ!って、前を走るランナーを追いかけます。

そして、海にかかる長いはし「ともえ大橋」にやってきました。

ここが難所、いくぞっ。

のぼってくだってのぼって…あとはくだって往路は終わり。

眼下には金森倉庫が目に入ってきたその時…

右腿裏が攣った! 痛いっ!

あれれ、と倒れ込んじゃいました。

後続のランナーに邪魔にならないよう、這って端っこに移動。

すると救護担当の方がすぐに駆けつけててくれました。

そして、少し歩いて「救護所」に向かいます。

ストレッチとアイシングをしてもらいます。

「続けますか?」と何度も質問されます。

きっともう競技は止めた方がいいのでしょうね。

でも、「走ります」と繰り返します。

リタイヤはいや、どうしてもゴールにまで行きたいものね。

そうしたら「気休めに過ぎないけど」ってテーピングを施してくれました。

「痛みが出たらここに戻ってきてください」と言ってくれます。

ありがとうございます!

とふただび、走路に復帰します。

ただ、もう走ることはできません。

ちょっと走って歩く、とくにアップダウンは走ることできません。

40kmが過ぎ、沿道の方々からは「もう少し!」の声。

嬉しい反面、走ることができない自分がとっても悔しい。

屈辱的で悔しい思いを抱えたままゴール。

20190707_140418

それでも、着替えてからは美味しいビール。

これはいつも通り。

あぁ~今年のフルマラソンは思うに任せません。

つぎのフルマラソンは来月の北海道マラソン。

いちから身体づくりを見直します。