1月4日、青森市の負の遺産(?)アウガに「駅前庁舎」がオープン。

IMGP3522

賑々しいオープニングセレモニーも催され

これでここ数年続いた「アウガ問題」は終結ということなのでしょう。

さて、寒い寒い朝であった昨日。

20180122_072239

市役所本庁舎前には早朝からマスメディアの方々が集まっています。

駅前庁舎が全面供用となり

「市役所庁舎問題」は本庁舎の新築へとステージは移ります。

そしてこの日は工事開始に伴って

20180122_072346

正面の駐車場が閉鎖になりました。

聞くところによれば、周囲はまもなく囲われてしまうとか。

IMGP3550

60数年前の開庁の頃は「白亜の大殿堂」と称されたこの庁舎もまもなく見納め。

現在の青森市は、浪岡町との大合併で新たに誕生したまちなので、

まだ10数年の歩みです。ですが、少々乱暴な表現をすると…

「青森市」という名称がこの地に誕生して今年120年になります。

まさに「大還暦」です。

今年は年初から「庁舎」の歴史にとっては、大きな節目の年になりそうです。

ところで、正面のブロンズ像はどうなるのでしょうね。