春の盛りを桜とすれば

こちらは、さしずめ春の入り口といえるでしょうか。

今年も

IMGP1894

浅虫・湯の島のカタクリ祭りに行ってきました。

去年の手帳を紐解くと、4月3週目に行っていてすでに見頃は過ぎていました。

ですから、今年は1週早くやってきました。

さて、どうでしょう楽しみです。

船で島に上陸し、山道を登っていきます。

実は早朝に40kmのランニングをしていたので、この山道はちょっとキツイ…

IMGP1942

道の両側には一部まだ開花していないのもありますが

ほぼ満開のカタクリが道案内をしてくれています。

今年はいつもと違って、小学生くらいの子どもが多いようです。

子どもたちは山道を勢いよく駆けあがり、駆け下り…

IMGP1933

危なっかしいと思うのは、やはりオジサンの感覚なんでしょうね。

思い起こせば

子どもの頃は札幌円山の「八十八か所」と呼ばれる山を駆けていたものです。

途中、道を塞ぐように撮影クルーの姿がありました。

IMGP1929

ガイドの方から聞いたところによれば

NHKの撮影だそうで、22日に放送されるんだって。映っていたりして…

おなじくガイドの方の話では

今年は白いカタクリは5株確認できたそうです。

IMGP1935

IMGP1923

教えてもらいながらですが、そのうち4つを目にすることができました。

IMGP1939

こちらは、木の幹の左側に…やはり望遠レンズ買おうかしら。

ようやく山頂に着くと

IMGP1937

女性のガイドの方に声をかけられました。

どうやらボクのことを知っているようです、なぜでしょう…

まぁ、おかげでしばらく植物のガイダンスをしていただけました。

役得、役得。

植物の名前は、漢字で書く「和名」を覚えることから始めるのがコツだとか。

たしかに…

学生時代に世界史を避けて日本史を選んだのは

カタカナ名を覚えるのがイヤだったのもひとつの理由だったかも。

こうして、少しばかり植物のお勉強をし賢くなった気持ちで下山。

学んだことを復習しながら…あぁダメ、もう名前がこんがらがっちゃってます。

〇△エンゴサク、◇※イチゲ…だっけ、もう出てこない。

情けないものです。

ずぅ~っと下の方まで降りてきたところで、

またガイドの方が教えてくれました。

IMGP1947

こちらの木は樹齢400年だとか。

ふぅ~ん。

この木は、江戸時代の浅虫観光の目玉「島めぐり」で訪れた人々をも見てきたんだね。

そういえば、浅虫には樹齢700年の赤松もあったっけ。

IMGP1950

こうして、今年も青森の春の訪れを実感したのでした。

足にはちょっとハリがあります。

そしてお腹もすきました。朝食は3時半だったものね。

さぁ、船で戻って腹ごしらえといきましょう。