わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

2020年06月

今週末もお天気に恵まれたので、ラン。

折角のお休みだというのにほかにすることがないのかねぇ~自分。

この日は3週間振りとなるアップルマラソンのコースを走ります。

前回は2度ばかり道を間違えちゃっているので…さて、今回はどうなるか。

20200620_105729

お日様が出てくると少々暑いのですが風が涼やか。

そして、ちょうどこの辺りではコース唯一といっていい日陰になります。

20200620_110310

ゆるい下りのこの道を走り、折り返しの西目屋村へ向かいます。

20200620_120453

20200620_121118

西目屋の道の駅「津軽白神」到着。

この水陸両用車でのツアーにはいつか行ってみたいものです。

で、ここでちょっと休憩。トイレと水分補給をします。

そして再開、残り19km。

20200620_111042

帰途でも水の流れに目をやって気持ちを紛らわします。

臀部に痺れが出始めてます。坐骨神経痛かな。

残り約10km。

そして37kmを過ぎ、さいごの上り坂にかかります。

「上り切ったところのカーブミラーを右」とコースを確認しながら…

あっ、あったカーブミラー! よしっつ右に曲がりましょう。

これが間違い…今回も間違えちゃった。

どうやらもう少し先のカーブミラーだったらしい。

そんなことで少し距離が短くなっちゃので、ゴール付近で調整。

前回よりも涼しくて走りやすかったのに…

15分ほど時間がかかり、4時間2分でゴールです。

何がいけなかったのかな。

楽しみにしていた「飛騨高山ウルトラマラソン」が中止となり

その代わり…という訳ではありませんが

「集まらない」という触れ込みのマラソン大会

「ランたなデジタルマラソン」というのがあるということで

参加してみることにしました。

種目は5km・10km・15kmの3種目で、これを6月12日~14日の3日間で走ります。

走るのは1種目でも、3種目でもいいのです。

ボクは当初13日に15kmを走るという腹積もりだったのですが

12日金曜日の仕事終わりに5kmも走ることにしました。

さらに、14日は雨模様の予報が続いていたところ、雨は回避できそう。

じゃぁ10kmも…ということになり3種目「完走」しました。

ひとりで走る訳ですから、環境はいつもと変わらないのだけれど

どこかで誰かがおなじことをしていると思うと、少し気持ちが昂ぶります。

そんなこともあって、青森市内での5kmと10kmは「力走」しました。

ですからいつものように、ふらふらと写真撮ったりせずランに集中です。

ランたなデジタル5km

ランたなデジタル10km

とりわけ10kmは自己ベストにはおよばないけれど、今年一番のタイム。

一方、土曜日に走った15kmは弘前まで出向きゆっくり目のラン。

しかもこの日はお誕生日。52歳初ラン。

ランたなデジタル15km

今年はこうしたオンラインマラソンが多くなるのかなぁ~。

つぎの週末は「ドカ走り」だって。

ボクはエントリーしないけれど、「ドカ」ってみようかな。






この日は岩木川に沿ってのJog。

まずは道が突き当たるまで10km位…とか。

走り始めて間もなく、右手にニッカの工場が見えてきました。

すると、敷地と道路側との境に

20200607_085709

20200607_085814

バラが咲いていました。いい香りがします。

車ですぅ~っと通ると気づかないかも。

走ってみるとこういう出会いがあるからいいのよね。

歩道は広く、しかも信号が少ないので走りやすいコース。

で、言われていた「突き当り」までは7.2km…少し物足りなかったよ。

帰りはただ折り返すのではなく

岩木川の対岸に渡って集落のなかを走ります。

知らない街並みを走るのは面白くって、ついきょろきょろします。

とくに、「碑」があると吸い寄せられるようにふらぁ~っと。

車には気を付けましょう。

そして、久しぶりに革秀寺。

20200607_101144

弘前藩祖為信の霊屋があります。

20200607_101159

皇族に嫁がれた津軽華子さんが、婚約の報告に訪れていました。

ふぅ~ん、なるほどね。

そして終盤ようやく川の流れが見える所をちょこっと走り

20200607_102237

ほう、駒込村役場跡だって。

こうして「村の記憶」を残しておくのはいいことです。

20200607_102252

なるほど、昭和天皇の即位の大典事業で役場を建てたのね。

こんな感じであちらこちらと寄り道をしながらのJogでした。

20200607_193835

走った距離は15km…あと5kmは走りたかったけれどまぁいっか。

さっ、お風呂入って冷たいビールといきましょう。

数日前、ベンセ湿原のニッコウキスゲが見ごろ…

なんていうのを目にしたものだから

IMGP7501

IMGP7502

津軽半島の西側まで車を走らせました…と、いっても助手席でしたが。

ベンセ湿原は久しぶり。そうですね6、7年ぶりになろうかと思います。

当時、駐車場では婦人部によるちょっとした物産販売があったっけ。

もうやめちゃったのか、新型コロナのためなのか…

順路にしたがって進んでいくと

IMGP7506

一面にぶわぁ~っと広がる黄色…じゃない!

これを見ごろというのかなぁ。少し早かったんじゃぁないかな。

でも、所々に群生していて

IMGP7522

ほらっ、木道の周りにも咲いていてくれました。

ボクが着いた頃はまだ人出も少なかったのですが、振り返ると…

おっと、続々と人がやってきているようです。

そう、以前と大きく風景を変えたのは

IMGP7509

IMGP7515

風力発電と太陽光発電の施設があったことです。

なかでも風力発電のくるくるはすっごい数立っていました。

こっりゃムーミン谷のニョロニョロだ…。

IMGP7533

心地の良い風に吹かれて、30分ほどの湿原さんぽを楽しみました。

週末のマラソン大会の中止が相次いでいるため

久しぶりに津軽の自然の風景を楽しむ時間ができているのかな。

それはそれでよし…なんだなぁ~。

この春、そう桜が咲くような頃から

週末は弘前公園をランニングすることが多くなりました。

そんな折…

20200425_083328

西濠の旧紺屋町消防屯所(昭和8年頃の建設らしい)の右手にある食堂

20200531_115747

「銀作亭」が何となく気になっておりました。

公園外周を周回するたびにチラッ、チラッと見てました。

そろそろ行ってもいいかなぁ~と思い、先日いってきました。

お店はおとうさんお一人で切り盛りしていて、店内には

20200531_115952

20200531_115946

手書きのメニューが張り出されておりました。

なんだぁ?って感じでボクの目に留まったのは「インディアンカレー」です。

そういえば、カレーは去年10月の金沢以来かも…

そんなことを思い起こしつつ、迷うことなくこちらのメニューを注文。

20200531_121157

そしてこちらがインディアンカレー。

目玉焼きが乗ったカレーとサラダがひとつのお皿に盛られています。

あっ、ご飯はケチャップごはんで量も多め。

カレーは濃いめでボクには少し甘かったです。

こういうのをインディアンっていうんだ…

食後は強めに運動しなくっちゃって思うようなボリュームだね。

ふぅ~、ごちそうさまでした。

と、この後は運動はせず弘前城植物園に行くのでした。

このページのトップヘ