わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

2020年05月

田舎館に行こうよ!

「いいよ」って言ったものの何があるのだろう…

20200524_085237

そんな「田植え日和」の日曜日。

この日も弘前を起点として一路田舎館村まで向かいます。

土地勘はまったくありませんが、ほぼ一本道を進みます。

そして平川を超えると間もなく

20200524_085548

田舎館村に入り、そう「田舎館」といえば…

20200524_103407

田舎館城と田んぼアートですね。

写真左が田舎館城、そして右がアートになる「田んぼ」ですが

残念ながら今年は新型コロナの影響で中止です。

今回はここが目的地ではなくもう少し行きますと…

20200524_092533

弘南鉄道「田舎館駅」に到着。小ぶりのかわいい駅です。

ここがこの日の目的地でした。

何故かというと…中に入ると分かります。

20200524_092624

駅舎の中がぜぇ~んぶ「アート」になっているのです。

20200524_092652

20200524_092605

おっ、やはり広告主には配慮しているのかな。

こちらに着いたのは午前9時頃でボクたち以外はいなかったのですが

小一時間後に再度ここを通った時には大勢訪れていました。

時節柄「密」には気を付けなくてはなりません。

さて、無人駅なので、ホームにも出てみましょう。

20200524_092832

右手奥に田んぼアートの第2会場があります。

ちっちゃくですが、第2会場の展望所が見えています。

せっかくだからそっちにも行ってみましょう。

駅ひとつといっても、すぐ着いちゃいます。

20200524_095052

田んぼアート駅と第2会場の展望所。

展望所は道の駅に併設されていて、ここは人出が多かったなぁ。

ここから少し弘前側に行くと、国指定の史跡垂柳遺跡があります。

20200524_095602

ここから弥生時代の水田跡が発見されたんだって。

そして、これの隣には…

20200524_095742

分かるかなぁ~?

お箸とお茶碗、そして白い岩木山がご飯。

岩木山にかかる雲はさしずめ「炊き立てご飯の湯気」でしょうか。

面白いね。

20200524_092500

「味の実力田舎館米」かぁ、田舎館村は田んぼ(お米)のまちなんだぁね。

徹底していてかっこいい。

20200524_160927

さて、この日の軌跡は…行って帰ってなので面白みに欠けるかぁ。

距離は20km。

気温がどんどん高くなってきて、しかも帽子を被っていなかったので

15km過ぎからは辛かったぁ~。

これからは暑さ対策が必要です。

新型コロナウィルスの拡大拡散を防ぐということで

20200523_094355

1か月以上門を閉ざしていた弘前公園の閉鎖が解除となりました。

解除後最初の週末となった23日、早速行ってみました。

20200523_083857

20200523_084331

お散歩をする人たち、ジョギングを楽しむ人たち…

まだ午前9時前だというのに結構の人出です。皆さん待ちわびていたのかな。

そう、追手門前ではラジオ番組の中継もしていました。

20200523_084843

西濠までやってくると、ユニホーム姿の女の子たちがランニング。

女子のソフトボール部の方かしらん?

しばらく彼女たちの後ろをについていきます。

さらに、ジャージ姿の女の子たちが飛び出してきました。

こちらもきっとクラブ活動でしょうね。

少し急な坂道をおじさんも一緒に駆け上がります。

園内にはつつじの花があちらこちらで咲いておりますが

20200523_090016

20200523_090128

桜が咲いているところもありました。

品種は福寿…なんとかって書いてあったような。

さらに、平成29年に新品種に認められたという

20200523_090430

「弘前雪明かり」という桜もありました。

これも来年かぁ~。

20200523_090706

公園内をしばらく走ったあとは、外濠を1周。

そして締めはアップルマラソンの10kmコースに。

公園はゆっくりジョグでしたが、ここからは少しペースアップ。

右や左の田んぼでの田植え作業を見ながら力走です。

20200523_161534

さて、この日の軌跡は…園内ぐちゃぐちゃに走っていたようです。

距離は20km、まだ足が十分にできていないことを実感。

今月はあと20kmで通算200kmに…。

鯵ヶ沢を訪れた翌日も再び弘前方面へ。

りんごの花を求めてりんご公園まではっけてみたものの…

20200517_091843

弘前公園とおなじくこの日まで閉鎖でした、残念。

でも、公園の周りはりんご畑が広がっているのでそっちに向かいます。

20200517_093625

右も左もずぅ~っとりんご畑。さすがは津軽。

ちらりちらりと農作業をしている方の姿も目にします。

この日はどよぉ~んとしたお天気で、雨がパラパラ降りだしました。

20200517_092751

この辺りではカーブミラーもりんごデザインとなっています。

ちょっと足を止めて

20200517_093652

20200517_093725

りんごの花を愛でながら一休み。

気温は低いのですが、少し湿度が高いので水分補給は大事です。

そして、しばらく行くとアップルロードとの交差点に出ました。

右折は岩木山方面で左折は大鰐方面…今日は岩木山じゃぁない方へ!

20200517_094422

アップルロードの名前通りにりんご畑が広がります。

車通りは多いものの人影はなし。

だいいちここには「歩道」がないものね。農道…なのかな?

アップダウンが続き、途中で土淵川と交差します。

20200517_100747

すると川沿いに自転車道路があるのでそちらに入ります。

2km程度走ると、いよいよこの日の目的地までもう少し。

ここから1km強の上り坂を一気に駆け上がります。

でも…目的地が視界に入ってからがキツイ!

勾配がどんどんときつくなります。ヒィ、ヒィ、ヒィ~。

20200517_101917

ようやく着きましたぁ~久渡寺です。

雨模様にも関わらず参拝の方がそこそこいて、長く続く石段を上っていきます。

ここでちょっと休んで折り返し。

今度は下り坂。

下りは一見すると楽に思えるけれど、結構足に負担かかるのよね。

20200519_064946

この日はトータルで22.6kmのラン。

ここまでの練習でハーフマラソンは走れそうな感じがしてきました。

でもねぇ、フルマラソンはまだ無理だろうね。

これからはもう30kmランの回数も増やさなくっちゃ。

いつかどこかであるであろうフルマラソンの大会をめざして。

緊急事態宣言が解除となって最初の週末。

パッとしないお天気でしかも少し肌寒かったのですが

今が盛りということなので行ってきましたよ。

20200516_140222

鯵ヶ沢の菜の花畑。一面ぶわぁ~っと黄色!

やはり空の青い色が欲しかった…ねぇ。

JR弘前駅から28km程の距離なので、片道ならば走れるけれど

この日は自動車で移動となりました。

そして、ここからくるりと振り返ると

20200516_140020

やっぱり岩木山。

津軽人的感覚でいうとこっちが正面なのでしょう。

訪れている皆さんはこっち向きで写真撮っているものね。
(こういう場所では3つの密に気を付けましょう)

見慣れた弘前方面からの岩木山と、鯵ヶ沢からのそれは違うねぇ。

山頂部が鋭くって、少し下に「喉ぼとけ」みたいのがあるのよね。

20200516_141205

駐車スペースに停まる車に目をやると、県外のナンバーもありました。

だからといって県外在住とは限りません。

実際、ボクも前の車は札幌ナンバーでしたから…

それでは「ABITANIA」でソフト食べで帰ることにしますか。

津軽では桜が終わるとつぎは「りんごの花」の季節です。

そろそろかなぁ~と訪ねてみると

20200509_085918

里のりんごは花が咲いていましたよ。

りんごと岩木山…あぁ、津軽らしい風景ね。

それにしても、8日間で4回目の岩木山訪問は多すぎかも。

だんだんと「津軽化」していっているのかしら。

この場所の地区名は分かりませんが、アップルロードにいます。

そして岩木山に向かってアップダウンを2回繰り返すと右手に

20200509_092535

このようなものがあります。

前回はやり過ごしたのですが、今回は足を止めてみます。

りんごの形が刳り抜かれ、先端はきっと岩木山を表現しているのでしょう。

そして中央には少し見えにくいですが、「おらが里 見どころ」とあり、

その下には黒い文字で

「春はりんごの花 秋はまつ赤なりんご 後ろにそびえる岩木山

 四季を通じて眺望がすばらしい」と記されていました。なるほど…。

後ろ側には木が茂っていますが、これをかわしてみると

20200509_092913

やっぱり岩木山。

ここは岩木山のビューポイントなのかしらねぇ。

この日は岩木山神社で折り返しの約17kmのラン。

すれ違ったランナーは2名。

20200512_052858

岩木山神社の桜は散っておりました。

高い場所はまだりんごの花は咲いていません。

つぎの週末かしら…あっ、弘前公園の閉鎖も終わる? 

このページのトップヘ