わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

2020年03月

3連休の最終日…

もう1か月後にウルトラマラソンが迫っているので練習を…。

そう、しっかり練習しなくっちゃとという気持ちはあったのですが

20200322_124703

七戸のNAMIKIにやってきました。久しぶりですねぇ。

新型コロナの影響で人出はまばらかと高を括っていましたが

なんの、なんの、さすがはNAMIKIさん、いつもながらに混んでます。

お店の扉を引いたら、オッと…並んでいる人の背中が迫っていました。

この日のお目当ては

20200322_122801

季節限定のスペシャルメニューの「いちご」フレーバーです。

毎年何度か訪れいているのですが、いちごは未体験。

20200322_123252

右側がいちご、左はチーズにしました。

いちごは…あぁ、サクマのいちごみるくを思い出すようなお味です。

美味しいわぁ~。春だねぇ~。

ところで、この日はお昼ごはんもお隣でいただいてました。

20200322_121057

七戸で食事といえばお蕎麦が定番となっているので、

こちらで食事をするのは何年ぶりかしら…。

牛肉を口にするのも久しぶりです。

日頃ちゃんとした食事をしていないので、胃が驚いています。

ふぅ…まんぷく。

20200322_124759

青森に戻ったら…

少し食べすぎ気味なので、ジムでしっかりトレーニングしなくっちゃ。






久しぶりに弘前にやってきました。

20200314_120623

青森から電車で移動したのですけれど、車内はかなり空いていました。

やはり新型コロナの影響で、みなさん外出を避けているのかしら。

この日の弘前は曇り基調で気温は低めです。
(このあと雪も舞い始めます)

弘前駅からは車で弘前公園へ移動して

20200314_124232

こちらにやってきました。

右手の建物が桜祭りの時には、お土産屋さんとして賑わいます。

園内では、散歩をする人、遊具で遊んでいる親子の姿がちらほら。

でも、観光客がいないからひっそり閑としています。

さて、この日はここを基点として弘前市内を駆け巡ります。

予定では3時間くらいかな。

午後のスタートなので、日没までには終了したいところです。

20200314_130100

走り始めてしばらくは、弘前公園の近くを走ります。

ここ、文化センターではどこかの学校の卒業式をやっているようです。

公園を離れると、土地勘がないのでどこを走っているのが分かりません。

小さい路地なんかも走ります。

しかも、1か所でしたが

20200314_154542

写真奥の方から走ってきて、手前の溝(水路)をジャンプ!

道なき道を走ったりもするのです。

気温が低いので、走っても走っても体が温まりません。

終盤は岩木川を超え旧岩木町内を走ります。

景色は単調だし、寒いし…日もだいぶ傾いてきました。

こうして、予定よりもずいぶんと時間がかかって3時間43分、

距離にして31.7km走ったのです。

そして、この日のランの軌跡をみてみると

IMGP7083

どうでしょう、分かりますかぁ~。

桜の花の形になっている…のです。

先日報道された弘前の桜の満開日は4月18日だとか。

1か月ほど前ではありますが、弘前でさくらのお絵描きランでした。

今年も桜をゆっくり楽しめる春…そんな希望は捨てません。

須賀川から郡山へ戻り、日本遺産の安積疎水を学ぶために

20200223_143953

「開成館」を訪ねました。

和洋折衷とでもいいますか、面白い佇まいの建物です。

この頃、郡山も時折雪がぶわぁ~っと降り寒い!

開成館にたどりつく前に、おなじ敷地内に移築復元された

開拓者住宅などを見て歩いたものだから身体もしっかり冷えてます。

20200223_143957

開成館は1階~3階までに展示・解説スペースがあります。

ただ、スリッパなどを履くことができないので、すぐ足が冷たくなります。

だから、さらぁ~っと一巡りしてそそくさと出てきちゃったのですが…

ともかく!

小苗代湖から郡山まで疎水を引いたということ、しかも3年で成し遂げた。

現在、郡山から猪苗代までは磐越西線で1時間ほどかかると記憶しています。

そのくらいの距離の疎水を3年で完成するなんて…すごいですね。

もう少しちゃんとお勉強したかったので

暖かい時期を見計らって再度訪れたいと思います。

このページのトップヘ