わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

2019年09月

この前の3連休を利用して、10月6日に開催される

20190916_111820

弘前・白神アップルマラソンの試走をしてきました。

ここ数年参加をしていない大会ですが、今年は出ます。

まぁ、練習モードでゆっくり走ることになるとは思いますが。

9月中旬だというのにすっごく暑くって、どれだけ水分補給をしたことか…

20190916_112018

中間地点の西目屋村の「ビーチにしめや」までもう少しです。

この辺りは日陰がなかったので、かなりバテます。

アップルマラソンは最近流行の市街地コースではなくって

20190916_111556

田畑の間を駆け抜ける部分が多くあります。

が、大会当日は稲刈り、りんごの収穫が概ね終わっているので

黄金色に輝く稲穂やりんごは…今でないと目にすることはできません。

この頃から右耳の調子が悪くなってきました。何だ…?

中間地点のビーチにしめやで少し休んでいたら

20190916_115034

水陸両用車が入ってきました。

津軽ダムの方に行く観光遊覧バス…なのでしょう。

いいなぁ~乗ってみたい。

20190916_113035

復路は5kmごとに休憩を取りながら走ります。

右耳に違和感はありますが、足の方は快調に…だったのですが

30kmを過ぎてから、左耳も調子が悪くなってきました。

しかも、地面が左右に揺れる感じもします。気持ち悪…

そういう訳で、35kmを過ぎたところで走るのを断念。

耳は外の音は聞こえるものの、自分の声が聞こえない状態です。

その後お風呂に入って汗を流して…耳以外はスッキリ。

耳の状態は次の日にはよくなりましたが、身体に何が起きたのかなぁ。

9月ってこんなに暑かったっけ…? という週末。

遠出、というほどではないけれども

久しぶりに弘前方面へドライブ。

20190908_084619

岩木山を目指します。

午前9時過ぎ、百沢スキー場に到着。この日は

20190908_091111

「岩木山トレイルランニングフェスティバル」なのです。

2度目の挑戦…それにしても暑い! 最後まで走るができるか不安。

なんたって、ほら

20190908_091715

写真右手にあるスキー場の一部を駆け上がるのです。

と、いってもほとんど「歩き」ですけどね。

そして、50kmの部と30kmの部は距離が短くなったそうです。

いやいや命の危険あるものね。

それでも、ボクが参加した15kmは変更なし。

20190908_092102

いちばん暑い時間帯、午前11時スタート。

まずはスキー場を上って下って、すでに太腿プルプル。

その後は整地された林道を下りベースで走ります。

が、暑いのとスキー場を頑張ったのですでに苦しいです。

ですから早くも歩きが入ってしまいました。

身体のリズムを整えて再スタートという目論み…なんだけれど。

その後もなかなかスピードに乗れず、なんとか7kmの折り返し。

ここには、唯一のエイドがありました。エイドの少ない大会です。

ここで、ふたりのランナーに追いつかれ、追い越されます。

ひとりは女性トップです。

何とか離されないようついていきますが、無理か。

8km過ぎからの長い下りで追い上げます。

苦手な下りで、足にどんどん負荷がかかっているのを感じます。

下りが終わり、高照神社の境内に入ります。

ここからが終盤。そして、私設のエイド…助かったぁ~。

冷たいスポドリ飲んで、首周りを氷で冷やしていただきました。

でも、この先は半分以上が歩きになってます。

ゴールはもうすぐ。走ってゴールしなくっちゃ。

IMGP6957 - コピー

走り終えて時計を見ると、距離は15kmなく短めのようです。

順位は去年とほぼおなじと思われる12位。

はぁ~何とか完走できました。キツかったぁ~。

週末に三内丸山遺跡の「縄文時遊館」に出向いたのは

20190831_104444

翌9月1日で終了となる(なった)「あおもり土偶展」の見学。

20190831_110443

世の中には土偶好きがこんなに多いのか…

とくに若い方々が多いのにおじさんは驚きです。

土偶展がデートコースになっちゃいるんだものねぇ。

人気の土偶はやはりしゃこちゃん。

20190831_104449

15年振りの里帰りなんだって。そういわれると見たいよね。

ただ、スマホでバシャバシャと写真を撮るのはいかがなものか…

すぐ近くにスタッフの方がいるのですが、何も言わないのよね。

写真撮影許可しているのであれば、撮ってくればよかった。

今朝の新聞によれば昨日9月1日に

世界文化遺産登録を目指す縄文遺跡群のひとつ

三内丸山遺跡で現地調査のリハーサルがあったとか。

それに合わせて…なんてことではないけれども、一昨日

20190831_104226

とっても久しぶりに三内丸山遺跡に行ってきました。

有料になってからは初めてです。

駐車場には思いのほか車が入っていました。

まだ人気あったんだ…なんて言っては失礼。ごめんなさい。

遺跡の見学の前に「縄文時遊館」をぶらぶらします。

20190831_120125

遺跡のジオラマがありました。

その手前には

20190831_120135

こういった解説板があります。

たとえば⑨「竪穴建物」はジオラマに付された番号の説明になります。

ところが、これの隣にある

20190831_120129

案内板になると⑨は「子供の墓(埋設土器)」となっています。

両者は意図するものが違う図なのかもしれないけれど誤解するよね。

さて、暑い遺跡の方へ出ていきましょう。

20190831_120645

20190831_120745

あぁ~縄文時代。

「縄文人」のコスプレをして見学している家族もいました。

三内丸山遺跡の象徴となっている六本柱は

いつ見てもやり過ぎだよなぁ~と思います。

20190831_121208

これって、世界遺産になったら撤去されるのだろうか…

20190831_121318

ぶらぶら歩いていると、風合いの異なる建物がありました。

20190831_121919

しかも立入禁止です。たしかに崩れそうな感じもします。

おやっ…右下に目をやると

20190831_121925

小学生の「縄文の家づくり」学習の成果だったのね。

子どもたちよく造ったねぇ~、すごい、すごい。

これも世界遺産のなかに保存されることになるのだろうか…


このページのトップヘ