わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

2019年08月

先月末、北海道の浜頓別町で

第9回「北オホーツク100kmマラソン」が開催されました。

2度目のウルトラマラソンをここで挑戦するつもりで

前々日となる金曜日、仕事を終え最終便で札幌に向かう予定。

青森空港は欠航が心配なのですが…

この日は曇りがちであるものの八甲田の姿がみえています。

大丈夫、大丈夫と空港へ移動したところ…欠航。

なんと!! 新千歳空港が悪天候だったのです。

翌朝9時半発のバスに乗ることにしていたので、この時点で参加を断念。

こればかりは仕方ありません。

そして昨日、実行委員会から郵便物が届きました。

内容は…

「記念品(タオル・Tシャツ)
 飲料水(OS-1)アルコールなし」って書いてます。

IMGP6882

干し貝柱もついてました。

実行委員会の皆さま、ありがとうございます。

来年の第10回大会はきっと参加します。

そう、前々日の移動は陸路を使った方はいいかもね。

昨日でねぶたの夜間運行がおわっちゃった。

今年は1度も観にいかず。

10分も歩けばすぐなのに、億劫だったんだよなぁ。

今日の昼間の運行と、夜の海上運行と花火大会で

「青森の(短い)夏は終わり」…なんてことをよく耳にします。

土曜日の昼間にラッセランドをぶらついてきたんだけれど

IMGP6871

こちらのねぶたが「大賞」を取ったようです。

紙?のようなものが舞っているのは珍しい構図ですね。

IMGP6859

こちらは「商工会議所会頭賞」…なのかな。

IMGP6866

こちらは「市長賞」です。

猛々しいところに柔らかさを感じます。

どのねぶたも暗くなって灯りが入ると映えるのでしょうね。

そして…

IMGP6875

エヴァンゲリオンもありました。

映画の予告は何度も何度も目にしていますが

分からないんだよなぁ~機動戦士ガンダムみたいなものなの?

今年のねぶた祭は連日いいお天気、むしろ暑かったかな…

ともかく

台風8号の影響が出ないうちに終えられそうでよかったね。

個人的には「ねぶた」のつぎは札幌大通り公園の「ビアガーデン」です。

まだまだ夏は終わらない…

ただ、こちらは台風の影響が少し心配。

8月3日、青森市内西部・油川地区の浄満寺で

20190803_103106

森山弥七郎と油川城主・奥瀬家の慰霊祭が行われました。

この行事は60年以上続いているもので、

第1回の「青森ねぶた祭り」でもこの慰霊祭の後にねぶたの運行がありました。

ですから、8月3日という日付は森山・奥瀬に由来するものではなくって

「ねぶた祭り」の方によるのでしょう。

かつては「墓前祭」と呼ばれていて、今でも多くの人は墓前祭と呼んでました。

で、故あってこの慰霊祭に参加してきました。

暑い、暑い土曜日だったなぁ…

本堂での法要を終えると

20190803_103202

境内へと移動して

20190803_114426

まずは森山弥七郎の供養碑をお参りしました。

森山さんは藩政時代前期の青森の町づくりに際して尽力したという人物。

まぁ、ある意味で「地域の英雄」なので、虚実入り交じりで

彼の「英雄伝」が伝えられています。

そして

20190803_115540

つぎは中世の油川城主奥瀬氏をお参りします。

油川城は後の弘前藩主となる大浦為信に攻められ落城の際

当時の城主であった奥瀬善九郎は逃げた…とも伝えられています。

一連の行事が終わると懇親会。

初めての参加だったので去年までのことは分からないのですが

今年は参賀者が多かったようです。土曜日というのがよかった?

ただ、年齢層が高いのがちょっと気がかり。

長く続く地域の行事を次の世代にどう伝え・残していくか…

また、油川には市内で唯一の造り酒屋・西田酒造があります。

そこで造っている「田酒」が目に入ったので

お昼間ではありますが…懇親会で1杯いただいて参りました。

このページのトップヘ