わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

2019年07月

急に「夏休み」となっちゃので、ほぼ毎夏恒例となっていいる

IMGP6840

田舎館村の田んぼアートを観に行ってきました。

平日の朝、9時少し前に着いたので観光客はまばらです。

するすると展望台まで上がり、今年のテーマは

20190729_085951_Pano

「おしん」です! どうして今「おしん」なんだろ…

まぁそれはいいとして、今年もまたすばらしい出来ですね。

そういやぁ、小林綾子・泉ピン子・伊東四朗の3人は分かるんだけど

傘のおじさんは誰なんだろ…。

おやっ、しかも傘のおじさんの左上のビニールハウスに

IMGP6836

「いちごいち ココでやるよ」だって。

これって今まであったかなぁ~。新たにいちごに力入れたのかな?

たしかに、たんぼアート商店街では

IMGP6841

生いちごソフトクリームがありました。で、早速…

IMGP6843

甘酸っぱくて美味しかったですよ。

では、第二会場にも足を伸ばしてみましょう。

20190729_092832_Pano

こちらは「おかあさんといっしょ60年」だって。

これらのキャラは分からないなぁ~

IMGP6848

となると興味・関心はやはりこっちに…

IMGP6846

寅さん! 最近ちょいちょいとDVD観ているのよね。


IMGP6851

ひばりちゃんもいた!

IMGP6852

田んぼアート駅もなんだか賑やかに装飾されていました。

この日は曇り空だったのですが、湿度が高くとても暑いです。

で、暑さとは関係ないんだけれど、田舎館に着いてから腰痛が出てます。

痛てて…展望台の階段を下るのもしんどいです。何故だっ!


函館のセブンイレブンで…

20190706_140532

STVラジオの番組「ごきげんようじ」とのコラボ商品「ごきげんもこ」

なるものが販売されておりました。道内限定なんだって。

あぁ…去年までは「みなのシュー」でしたね。

20190706_140559

先月から販売されていたようで、アルバイトのお嬢さんに

「いつまで売っているの?」と尋ねたところ

「わかんない、聞いてこようか?」

「いえいえ、結構ですよ」

「でもコレ売れてるから、ずっと売ってるんじゃないかな」

「ふぅ~ん、売れているんだ…」

まぁ、「ずっと」ということではないだろうけれど、

「売れている」のはいいことですね。

当然青森では売っていないので、ひとつ購入。

20190706_140752

お昼にカレーを食べて

その後、八雲の大福餅のお振る舞いをいただいて…

20190706_133454

20190706_134304

少々食べ過ぎではないかとも思うけれど、翌日はフルマラソン走るから

「まぁいっか」と自分を納得させます。

20190706_155536

見たところシュークリームなんだけれど…

「もこ」ってなんなんだろ。

少し前からカレーを食べたいなぁ~と思っていました。

最後に食べたのは去年の10月。

金沢マラソンの際にいただいたゴーゴーだったなぁ…

そこで、今回の函館ではカレーをいただこう。

函館駅に到着後、市電に揺られて宝来町へ。

そこから少し十字街方面へ戻ると

20190706_115102

電車通りに面して「小いけ本店」があって、

少し入ったところに「元祖小いけ」があります。どちらもカレー屋さん。

お土産屋さんで売っているレトルトカレーは本店の方?

それはともかく、入店したのは迷わず

20190706_115122

カレー色のお店、「元祖」の方の小いけ。

20190706_115352

まだ正午前であったので空いていましたが、正午を過ぎると…

続々とお客さんが入ってきます。さすが人気店。

マラソンの前日なので、ガツンとカツカレーでも…と思いつつも

「チキンステーキカレー」というメニューに惹かれてこちらを注文。

するとさほど時間をおかずに出てきました。

やはりカレーはファストフードだよね。

20190706_115700

一見すると、お家のカレーって感じです。

お味はスパイシーでちょっと辛め。

久しぶりのカレー…美味しいねぇ~。大盛りにすればよかった。

最近は「ご飯」をガツガツ食べることなくなっちゃったものなぁ。

ごちそうさまでした。

この後は千代台の競技場に行くのですが、まだ少し時間があります。

20190706_123352

電車に乗って、去年立ち寄った餅屋さんにでも行ってみましょうか。

あっ、カールレイモンのソーセージは明日の「おふるまい」にあったっけ。

7月最初の週末は

20190706_113014

今年も函館にやってきました。
おやぁ~っ、道路は濡れていますね。水たまりもあります。

雨…降ったのね。そして少し肌寒い。

あらら、明日のお天気はどうかしら。

何たって明日は

20190706_130457

いつもお天気に悩まされる函館マラソンです。

20190706_130951 - コピー

美味しいモノをいただきながら函館のまちを走ります。

第1回大会のタイムが現在までの自己ベスト。

この大会で更新…したいんだけどなぁ。

20190707_070644

当日の朝は、少し寒かったけれど走るにはちょうどいいかな。

ウォーミングアップの時点では身体の調子もまずます。

開会式が始まると、あぁ~やっぱり雨。

でもこのくらいならば問題なし。

そして9時10分スタート。

直後から思ったより汗をかきます。きっと湿度がたかいのでしょう。

早めの塩分補給を心がけます。

ただ、気温はちょうどよく、向かい風であっても心地よい風。

ペースもほぼ自分の設定通り。

手持ちの時計で、30kmは2時間半で通過しました。

これは…最後の頑張り次第で自己ベスト更新か?

よぉ~しいくぞ!って、前を走るランナーを追いかけます。

そして、海にかかる長いはし「ともえ大橋」にやってきました。

ここが難所、いくぞっ。

のぼってくだってのぼって…あとはくだって往路は終わり。

眼下には金森倉庫が目に入ってきたその時…

右腿裏が攣った! 痛いっ!

あれれ、と倒れ込んじゃいました。

後続のランナーに邪魔にならないよう、這って端っこに移動。

すると救護担当の方がすぐに駆けつけててくれました。

そして、少し歩いて「救護所」に向かいます。

ストレッチとアイシングをしてもらいます。

「続けますか?」と何度も質問されます。

きっともう競技は止めた方がいいのでしょうね。

でも、「走ります」と繰り返します。

リタイヤはいや、どうしてもゴールにまで行きたいものね。

そうしたら「気休めに過ぎないけど」ってテーピングを施してくれました。

「痛みが出たらここに戻ってきてください」と言ってくれます。

ありがとうございます!

とふただび、走路に復帰します。

ただ、もう走ることはできません。

ちょっと走って歩く、とくにアップダウンは走ることできません。

40kmが過ぎ、沿道の方々からは「もう少し!」の声。

嬉しい反面、走ることができない自分がとっても悔しい。

屈辱的で悔しい思いを抱えたままゴール。

20190707_140418

それでも、着替えてからは美味しいビール。

これはいつも通り。

あぁ~今年のフルマラソンは思うに任せません。

つぎのフルマラソンは来月の北海道マラソン。

いちから身体づくりを見直します。

青森市街中心部にある平和公園。

ここは、1周700mのランニングコースがあったりして

かつてはよく足を運んでいたのだけれど、最近はご無沙汰でした。

その平和公園の園内には

IMGP5969

「シェー」のポーズを彷彿させる像があります。

なかなかインパクトがあるこの像、天宇受売命(あめのうずめのみこと)と

いって、「天岩戸」の物語に登場する女神です。

原画は青森市の名誉市民棟方志功が描いたもので、

製作はむつ市出身の彫刻家古藤正雄が手がけたものです。

古藤さんって寡聞にして知らないのですが…園内にはもうひとつ

IMGP5966

天宇受売命像の左手の方にある「平和の乙女の像」も彼の作品。

しかも…たまたま市内東部、野内周辺を走っていたら

20180421_104905

道沿いにこんなのがあって、中央には観音像がありました。

20180421_104916

像の下にこの像のいわれを刻んだ解説板があって、

これも古藤さんの作品であることが分かりました。

古藤さんって青森と縁のある彫刻家なんだなぁと思い調べてみると

堤川沿いにある成田山の本尊である不動明王も古藤作品。

1561668938087

硝子越しに覗いてみたところ

1561668921364

色合いとか、右手の刀の具合が微妙に違うような気もするけれど…

これかなぁ~。

さらに、青森駅前の市民ホールにも

1561668955303

「弦月」という作品がありました。

市民ホールにはついも最近訪れる機会があったのですが

その時にはまったく気がつきませんでした。

ほんと、「ボ~っと生きてんじゃねぇよ!」ですね。


このページのトップヘ