6月最初の週末は大変暑かったですねぇ。

盛岡市で東北6県の夏祭りが一同に集う「東北絆まつり」が開催。

道路の混雑が心配でしたが、青森から南下して岩手県へ。

IMGP4227

途中、こんなトラックに遭遇。

「チャグチャグ馬コ」はたしか今月でしたね。

盛岡・花巻を通り過ぎ、目的地は北上市の藤根地区にある

IMGP4229

北上市平和記念展示館です。

午前10時開館のところ、1時間近く前に着いてしましました。

車の中にしてもしょうがないので、周辺を散歩。

IMGP4231

すると、こんな案内板をみつけました。ボクの目的は右下方にある

IMGP4232

こちらのふたつ。

平和観音堂まで歩いて行けるかなぁ~って試みましたが断念。

そして、開館の時間に合わせて戻ります。

IMGP4237

こちらの展示館は、戦前・戦中を含め長くここで教職に身を置いた

高橋峯次郎氏のコレクションを展示しています。

IMGP4256

なかでも、7,000通に及ぶ軍事郵便がこの展示館の中核です。

IMGP4238

IMGP4239

こんな感じで、軍事郵便のコピーと翻刻文が展示されてます。

正直なところ、少々雑な展示だなぁ~と思います。

ひとりでぶらぶらしていたら、事務室から男性が出てきて話しかけられました。

この展示館の館長さんでした。

あらあらあら…こちらも正体を明かして名刺交換。

館内を案内していただき

金庫のなかにしまってある軍事郵便の現物もみせていただきました。

そして、うかがったお話のなかで感激したのは

地区の公民館だよりに毎回この軍事郵便を取り上げて

翻刻文とそれを読んだ小学生の感想文を載せているのだそうです。

この取り組みは14年続いているのだとか。

地域の素材(資料)を使った平和教育…見習うべきところです。

館長さんに改めて平和観音堂の場所を教えていただき、今度は車で移動。

IMGP4257

IMGP4242

こちらが平和観音堂です。

観音堂の右手には

IMGP4250

鐘がありました。

この鐘には藤根地区の戦没者、130名の名前が刻まれています。

短い時間ではありましたが、学ぶことは多くありました。

青森は戦争末期に空襲に遭っています。

そうしたことから「平和教育」は地域の重要なテーマとなります。

活かせそう…そんな思いで、藤根を離れつぎの目的地へ向かいました。