わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

2016年07月

週末は、今年で4年連続の参加となるAOMORIマラソン。

初めて参加したのがこの大会なので

ボクにとっては1年の区切りとなり、「成長」(?)を確認する大会です。

今年はハーフマラソンのコースが変更になったからでしょうか

20160703_070946

スタート・ゴールが西側に移動となり

写真右手にある指定文化財「三誉の松」の隣になりました。

この三誉の松には

「藩政時代に弘前のお殿様がここで宴会を行った」という伝承があります。

また、写真左側には、この公園「合浦公園」の創始者である

20160703_071334

「水原衛作君記念之碑」があります。

碑の裏側からみてみると…

20160703_071347

スタート・ゴールがこんな感じで見えています。

水原衛作はどんな気持ちでマラソン大会を見ているのかな…そう、お殿様も。

ということで、合浦公園の歴史を少しばかり意識させらるスタート・ゴールです。

さて、今回は前の週にフルマラソンを走ったばかりなのでエントリーは10km。

まだ疲れが十分に抜けてないようで、少し身体は重い感じ。

スタートの整列が始まると、前方には以前何度か(後ろ)姿を見かけた

すっごく速い韋駄天女性ランナーを発見。

彼女はスタートの号砲とともに、あっという間に引き離されちゃいました。

遠くに小さく見える背中を追い駆けます。

これ以上は引き離されないように…

また、この日はファイターズのレプリカユニホームを着ていたこともあって

沿道の方から「ファイターズ頑張れ!」って声援をいただきます。

さらには、後続のランナーであるタイガーマスクからも。

往路は向かい風となる西風が強かったのですが

そんな声援が追い風となるボクの背中をどんどんと押してくれました。

ラスト1.5kmとなる8.5km地点は、3km走の折り返し地点でもあります。

で、ここで合流した小学生・中学生ランナーがとっても早く

併走することになったオジさんのペースも上がっていきます。

よしっ、ラストスパートだ!

子どもを追う沿道のお父さん、お母さんも速い…親御さんも大変ですね。

おかげでラスト1㎞は3分台で走ることができました。

そしてゴール…

20160703_133710

去年の記録からは1分強、自己ベストも52秒更新できました。

これがMaxかな…かなりキツかったものねぇ。

お天気は前半は曇り空でしたが

ぐんぐんと回復し…ゴール後の生ビールが美味しい暑さになりました。

来週は十和田湖マラソン。

こちらはタイムを意識せずに、景色を楽しんで走りたいと思ってます。

まずはしっかり疲れを抜かなくては…昨日は眠い1日でした。

午前9時過ぎの新幹線で函館へ向かったのですが

車内のボクの周りはすでに宴会モードとなっていました。

東京からとすれば…しっかり出来上がる時間になりますね。

さて、函館に到着すると、まずは腹ごしらえ。

お昼には少し早いのですが

午前5時台に朝食をいただくと 、11時には空腹を覚えます。

駅前で電車の1日券を買い求め

向かった先は末広町の電停から海側に少し歩いたところにある

20160625_112411

カリフィルニアベイビーです。

地元の人、ライダーご一行様、お店はさらっと埋まっています。

その後はぽつり、ぽつりとランナーと思しき人たちの姿も…有名店なのですね。

そして、お店の前は翌日のマラソンコースでもあります。

ここまでしっかり走ることできるかなぁ~そんなことが頭をよぎります。

さて、注文はメニューをみるまでもなく

何たって周りを見回すとほぼ全員がいただいている「シスコライス」に決まり。

そして、見回したときにとってもとっても気になったのは

20160625_120545

こちらの愛しきビールたち。

1杯だけ…いやいや今日は我慢。美酒は明日のお楽しみにしましょう。

そうこうしているうちにシスコライスがお目見え。

20160625_113625

うっ、すごいボリューム。

バターライスにフランクフルトが2本乗っかって、そこにミートソースさんです。

こぉ~んな濃厚な食事は何か月振りでしょう。

花巻の白金豚以来かしら…

何たって9月に12%あった体脂肪が、現在7%を切っちゃってますからねぇ。

20160625_113631

でも、フルマラソンまでの栄養補給には、これくらい摂っておかないとね。

う~ん、身体に栄養がぐるぐるまわる感じ。

美味しかったです。

翌日いい成績が残せたのは、シスコライスのおかげだったのかも。

ごちそうさまでした。 

先週末の青森は

今回が最後という「東北六魂祭」で沸いたようですが

20160625_090354

ボクは初めての北海道新幹線でびゅ~っと函館へ。

乗り換えや列車の待ち時間を入れると、あまり「お得」感はないみたい…

そして、到着した函館駅では

20160625_104940

こんなメッセージで迎えてくれました。

そうです、函館マラソンに参加するのです。今年最初のフルマラソン。

市電のなかでもほらっ

20160625_111119

町をあげて…といえば大袈裟ですが、気持ちは高まります。

お買い物をしたお店でも

「明日頑張ってね」なんて声をかけていただくと何だか嬉しいものです。

でも、なんでマラソン参加者って分かるんだろ…

さて、コースは

20160625_175148

去年走った黄色いハーフのコースに

紫色のコースがプラスされてフルマラソンのコースが構成されています。

紫色の向かって右側が湯の川から函館空港の間を走るゾーンで

高低図によればアップダウンが激しい感じ…なのですが

実際走ってみたらそれほどきつくはなかったようです。

そして、左側のコースが、パンフレットの表紙にもなっている

img20160630_07411085 - コピー

こんな素敵なロケーションを走るゾーンです。

手前は金森倉庫、そして向こうには函館山をのぞむベイエリア。

これに誘われてフルマラソンを選んだ…といってもいいかも。

ただ、当日は生憎のお天気。

IMGP0156

これは前日のお昼過ぎに撮ったのですが

当日は風がとっても強く、小雨が降り、そして寒いっ…

しかも、石畳に足をひっかけそうでちょっと怖かったりもして。

この辺りは終盤、30kmを過ぎてから走るのですが

倉庫群に入る直前に

IMGP0159

結果的には最大の難所となった、「ともえ大橋」(写真は復路側)を走ります。

前を走る方々の後姿も「楽々」ランではありません、辛そう…

ボクも歯を食いしばり、根性ではっけてました。

こうして前日に下見をしておいたのもよかったのかな。

というのは、今回はこれまでのフルマラソンとは違って、30kmからペースアップ。

自分でもびっくり!

そのせいもあってか、自己ベストを大きく更新できました。

IMGP0177

もうちょっと頑張れば

公式記録として3時間半切れたんだ…と、終わってみればちょっと欲も出てみたり。

つぎの目標ができたようです。

函館マラソンは今回で3回目の参加です。

そしていつも思うこですが、沿道の方々の応援には今年もまた感謝、感謝。

悪天候なのに、親戚でもないのに…合羽姿で声をかけてくれる函館のみなさん。

いつも励みになっています。

来年ももちろん参加します。

頑張って365日生きていかなくっちゃぁね。

つぎの函館は来年1月に行く予定。

この時はすっかり冬景色、真っ白の函館でしょうね。

お仕事絡みなのですが、とっても楽しみの訪函なのです。

明日はAOMORIマラソン…今週もお天気には恵まれないようです。


 

このページのトップヘ