わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

フルマラソンを走った翌日もいいお天気でした。

今日もしっかり走ろう!…とは思うものの休養も必要です。

ですから、この日は自動車で

20200531_111629

藤崎町の唐糸御前史跡公園を訪ねました。

まずは正しい津軽人よろしく「岩木山」を確認、よしっ。

こちらを訪ねたのは、数日前に新聞に写真が載っていた

20200531_111741

20200531_112858

藤の花を見るためでした。

10年以上前に一度来ているのですが、藤棚の存在は知りませんでした。

20200531_112005

白いのもあるんだねぇ~。

さて、公園の名前にもある「唐糸御前」とは…

20200531_112110

鎌倉時代の「北条時頼の廻国伝説」とのかかわりで登場する女性です。

廻国伝説は謡曲『鉢の木』でも知られていますね。

絵本になったりもしているので、ご存じの方も多いかと思います。

ボクは小学生の頃

教育テレビ「おとぎの部屋」(?)でやったのを教室で観たような…。

で、もちろん公園内には

20200531_113118

唐糸御前もいらっしゃいました。

真っ黒で表情も何も分かりませんが…あっ、左足に注目!

20200531_113214

この接地具合は、ナイキの厚底シューズ向きですねぇ~。

この週末は、「週末ひとりTATTAマラソン」に参加しました。

GPSウォッチとトレーニングアプリTATTAを使って行うイベントで

フル・ハーフ合わせて全国で4,800人以上の参加があったとか。

ボクはフルにエントリーして

弘前・白神アップルマラソンのコースをベースに走ることにしました。

20200530_085957

スタートして2km位走ったところかな…

城西大橋からの岩木山。

写真では分かりにくいですが、山腹の緑が濃くなってきました。

まだまだこの頃は元気一杯。

ただ、暑くなりそう…。

しかも、途中で道を間違えあたふたしちゃいます。

何度か走ったことのあるコースではありますが

一帯がりんご畑なのでどの道を走っても景色はおなじなのよね。

そして、20kmを過ぎからしばらくは人気のない一本道。

20200530_112340

西目屋村に入りました。

もう少しで折り返し地点となるビーチにしめやです。

20200530_113625

トイレに寄ったりして少し休憩。

帰路に入り30kmを過ぎると、やはり…あちこち壊れてきました。

予想はしていましたが、まだ身体ができていないんだね。

そして35km。自転車に乗った子どもたちに声をかけられます。

「どのくらい走ってたの~」

「ちょうど35キロだよ」(と時計を見せる)

「エぇ~!」

とか…

「足は太いのに腕は細いんだねぇ」

「足も細い…と思うよ」と女の子がフォローしてくれます。

「うん、だから重たいモノは持てないんだよ」

なんて他愛のない会話で気を紛らわします。

「トシいくつ?」

「51歳だよ」

「(なんだかの→子どもの言葉聞き取れず)おばあちゃんより若い!」

そっか、この子たちにとって50代は父母世代ではなくって

すでに祖父母の世代になっちゃうのね。

「若々しいですねぇ~」だって。

「ありがとう」

「35km」という自分にとっては一番キツイところを

子どもたちのおおかげで楽に走ることができました。

そして、39kmのコンビニで最後の給水。

冷たい水を飲んで、いよいよラスト3kmのスパート。

5分5~10秒/1kmのペースで頑張り、42.2km達成!

20200530_175101

京都マラソン以来、3か月半ぶりのフルマラソン。

すれ違うランナーもほとんどなくほぼひとりきり…やはり寂しいね。

今年はずぅっとこんな感じになるのかな。

田舎館に行こうよ!

「いいよ」って言ったものの何があるのだろう…

20200524_085237

そんな「田植え日和」の日曜日。

この日も弘前を起点として一路田舎館村まで向かいます。

土地勘はまったくありませんが、ほぼ一本道を進みます。

そして平川を超えると間もなく

20200524_085548

田舎館村に入り、そう「田舎館」といえば…

20200524_103407

田舎館城と田んぼアートですね。

写真左が田舎館城、そして右がアートになる「田んぼ」ですが

残念ながら今年は新型コロナの影響で中止です。

今回はここが目的地ではなくもう少し行きますと…

20200524_092533

弘南鉄道「田舎館駅」に到着。小ぶりのかわいい駅です。

ここがこの日の目的地でした。

何故かというと…中に入ると分かります。

20200524_092624

駅舎の中がぜぇ~んぶ「アート」になっているのです。

20200524_092652

20200524_092605

おっ、やはり広告主には配慮しているのかな。

こちらに着いたのは午前9時頃でボクたち以外はいなかったのですが

小一時間後に再度ここを通った時には大勢訪れていました。

時節柄「密」には気を付けなくてはなりません。

さて、無人駅なので、ホームにも出てみましょう。

20200524_092832

右手奥に田んぼアートの第2会場があります。

ちっちゃくですが、第2会場の展望所が見えています。

せっかくだからそっちにも行ってみましょう。

駅ひとつといっても、すぐ着いちゃいます。

20200524_095052

田んぼアート駅と第2会場の展望所。

展望所は道の駅に併設されていて、ここは人出が多かったなぁ。

ここから少し弘前側に行くと、国指定の史跡垂柳遺跡があります。

20200524_095602

ここから弥生時代の水田跡が発見されたんだって。

そして、これの隣には…

20200524_095742

分かるかなぁ~?

お箸とお茶碗、そして白い岩木山がご飯。

岩木山にかかる雲はさしずめ「炊き立てご飯の湯気」でしょうか。

面白いね。

20200524_092500

「味の実力田舎館米」かぁ、田舎館村は田んぼ(お米)のまちなんだぁね。

徹底していてかっこいい。

20200524_160927

さて、この日の軌跡は…行って帰ってなので面白みに欠けるかぁ。

距離は20km。

気温がどんどん高くなってきて、しかも帽子を被っていなかったので

15km過ぎからは辛かったぁ~。

これからは暑さ対策が必要です。

このページのトップヘ