わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

札幌の夏はやはり大通公園のビアガーデン!

毎年これを楽しみに帰省しているといっていいものね。

札幌に着いたらまずは直行!…の勢いで

20190810_141110

サッポロビールの…うん? ビアガーデンではなくって

20190810_150943

ビヤガーデンへ。ビヤ…なんだね。

で、「北海道を飲み干せ」というものですから

20190810_142641

20190810_141741

頑張ってグイグイいきましょう。

おつまみなしで呑んじゃうのはいけないとは思いつつも…

ついついビールに専念してしまいます。

ところで、サッポロビールのビヤガーデンは公園の西側にあるので

ここにたどり着くまで東の方から歩いてくるには

もうひとつのS印や、A印・K印のゾーンを通らなくてはならないのです。

当然、ボクの心はサッポロ一本槍なんだけれど…

20190810_140042

「限定」といわれてしまうと

20190810_140002

ついつい寄り道してしまいます。

厚真町のハスカップで造ったビールだとか。

1口目は美味しかったですよ。

また、ルートとしては前後しちゃうのだけれど

20190813_182808

泡だけのビール(?)…ここでも寄り道。

このほかにも、寄り道というよりは毎年呑んでいる

20190811_150100

ドイツのビール。

値段が少しお高めなので、小さいジョッキでいただきます。

今年も札幌滞在中は毎日しっかり美味しいビールをいただきました。

20190810_145504

「日本一ビールの美味しい街」に乾杯!!

さて、大通公園はビアガーデンの後は盆踊り会場となり…

そして今度の週末は北海道マラソンの会場になります。

ちょっぴりお天気と体調が心配ですが

おにうのシューズとウェアで楽しく札幌を駆け抜け…たいです。

夏の思い出…

いつものように札幌へ帰っていたのですが、春にラジオ番組で

20190811_094951

円山動物園にゾウさんがやってきたという話を耳にしていたので

これは行かなくては!…と

IMGP6946

IMGP6942

おじさんひとりで「動物園」は少し躊躇われるところもあったものの

思い切って行ってみました。

やはり家族連れが圧倒的ですね。

子どものころ、動物園の近くに住んでいたものだから

何度も訪れていたので、少なからず思い出があります。

動物園のスターでもあるゾウさん、たしか「花子」っていったかなぁ~

彼女が亡くなってからすごく長い間、ゾウさんのいない動物園でした。

IMGP6888

そんな動物園にゾウさんが帰ってきたのです!

20190811_092230

入場をして…何をおいてもゾウさんへ

うわっ、とっても大きなゾウ舎があって、周りには人がいっぱい。

みんなゾウさんが帰ってきて嬉しいのかな。

はやる気持ちを抑えて、まずはゾウ舎のなかを見学。

IMGP6897

IMGP6898

今ドキの動物園は「動物を学ぶ」ことを通じて

人間と動物、自然環境を考えさせる施設になっているのですね。

そして、ゾウさんとご対面。

IMGP6903

たくさんの人の合間から…ちょいっと覗いて。

前にいる子どもたちは「乗りたい!」って叫んでいます。

そして、右に移動してつぎの人の群れに紛れ込むと

IMGP6910

足で穴を掘っています。

どうやら、餌のりんごが埋まっているのです。

飼育担当の方が埋めたのか、ゾウさんが埋めたのかは分かりませんが

それを掘り起こして食べています。

IMGP6911

おっきなゾウさんを目にするのは何十年振りなんだろう…

子ども時代に戻ったような気持ちになります。

先月、3時間30分と少し尺の長い映画を観たときのこと…

劇場側の配慮(?)で、途中で10分ほどの休憩が入りました。

その時、グループで来場していた人たちの会話がちらりと耳に。

「オレ、3回ネオチしちゃいました」

ん?…「ネオチってなんだ?」と、心の声。

おそらくは「微睡む」といった意味なのだろうけど、

初めて耳にしたコトバです。

以来、何となく気にはなっていたのですが

先日の妻からのメッセージに「寝落ち」という文言を発見。

一般に使われているコトバなのか…? 自分の乏しい語彙のなかにはありません。


手元にある岩波書店の国語中辞典を引いてみると、見出語ナシ。

そこで小学館の『日本国語大辞典』を開いてみましたが、やはりナシ。

「眠りに落ちる」が約まって「寝落ち」?…じゃぁ「眠」「寝」が違うしね。

これって新語? 造語?

まぁ、日本語って難しいね。

このページのトップヘ