わ的にはⅡ…

「北の国」のチョット南から

青森・函館間の移動を新幹線でするようになり1年余り。

慣れてはきたものの2度の乗り換えに加え

料金がグンと高くなったのはやはり嬉しくないよ。

先日の訪函で乗った函館ライナーの車内に

20170701_104840

こんな広告がありました。

なんとも函館らしいですねぇ~。

もちろん、北海道に上陸したらクラシックは欠かせません。

ですから、ホテルで過ごした夕食は

20170701_191724

夏限定のクラシックとやきとり弁当。

たんぱく質と炭水化物をしっかり摂って、翌日のマラソンに挑みます。

おっと、アルコールはいけなかったかな…。

そして今日は

20170701_104925

20170701_104938

大谷投手がいよいよ登板です。頑張れファイターズ!

そういえば、日曜日の十和田湖マラソンでは

いつもカープのユニホームを着て走るお兄さんから

「今年はファイターズのユニホーム着ないの?」と声をかけられました。

負けが込んでいるから…ということでもないし

新調したWe Love Hokkaidoシリーズのユニホーム着て走っているんだけどなぁ。

よしっ、次のマラソン大会では着て走りましょう。

そして次の土曜日は、日帰りですが再び函館に行きます。


7月2日の函館マラソンは

20170708_141817

大惨敗…。35km過ぎから足が前にでなくなりました。

これが「35kmの壁」というものなのかしら。

これを教訓に次に向けてスタートしなくっちゃと練習再開

20170708_142009

と、張り切りすぎちゃって自己最長の48kmも走っちゃいました。

ミネラル分を摂りながらだと結構走れるものだと分かりました。

とはいえ、翌日は十和田湖マラソンの日です。

大会前日にこんなに走っちゃぁダメでしょ。

20170709_061217

一応反省はしましたが、やはり十和田湖に来ちゃいました。

朝目覚めた時に体調はまずまずだったので。

早朝の十和田湖は「7月8日」、まだ昨日ですね。

温泉街のある休屋で受付を済ませたランナーの皆さんは

20170709_061308

遊覧船でスタート地点の秋田県小坂町へと向かいます。

ちょっとした十和田湖観光です。

これがこの大会の特色・魅力ですが、エントリー代にしっかり反映もされてます。

20170709_081248

間もなく開会式。

後方の道路がスタート地点になるなのですが、

スタート10分前でもほとんど並びません。なぜ?…それはとっても暑いからです。

日陰からなかなか出ていくことができません。

スタート前に軽くウォーミングアップをしたところ、やっぱり…

足にハリがあります。そして、左足には坐骨神経痛も出ています。

これは無理はできないね。

ということで、後方からのスタート。

おそらく2時間前後での完走を目指すくらいの位置だと思います。

1kmを5分25~30秒のJogペース。

去年とは違うなぁ~視野を広くして走ることができます。

湖を渡る涼しい風、木立の緑の匂いを全身で感じてます。

力走しているとこういうのを感じてないね。

たまにゆっくり走るのもいいかも…新しい世界。

気温はすごっく高く、市街地コースであれば倒れる人続出かも。

湖畔と木立の日陰がところどころにあり救われます。

5kmを過ぎたところから、足の具合をみながら少しづつペースアップ。

女性ランナーがどうやらボクをペースメーカーにしているようです。

よかったらどうぞ、どうぞ。

休屋に戻った辺りで秋田県と青森県の県境。

おばちゃんが、青森県へようこそ!って声をかけてくれます。

そして、徐々に上りがきつくなってきます。

10kmからの瞰湖台への激坂へのプレリュード。

さぁ、いきましょう。

20170624_145231

ここを左に折れると始まり~(2週間前に試走した際の写真)。

ピークまで約2.5kmの登りです。

20170624_145441

すでに、ボクをペースメーカーにしていた女性の気配はありません。

前方を走る方々の後ろ姿が辛そう…がんばれ。

歩いている人もいます。

ボクはここだけは足の具合を顧みず走ります。えっさ、えっさ。

20170624_145920

ピークをすぎると今度は約3kmのくだりとなります。

20170624_150233

標識によれば傾斜は10~11%です。

くだりは大腿四頭筋が刺激されます。

何度かブレーキを踏みながらも一気にいきます!

これが終わると残り5km。

ここから2kmほどは日陰もなく暑さが強くなります。

再びゆっくり目のペースで走ります。そして、ラスト3km。

足の具合も悪くなっていないので、ここから全力で走ります。

前を走る人は全員抜いちゃうぞぉ~の気持ち。

そしてゴール。

時計に目をやると1時間40分…あれっ、思ったより早いわ。

さらに、距離は20.5kmと…ちょっと短い?

まぁそれはそれとして、急いで着替え

20170709_105324

再び遊覧船で休屋へ戻ります。

涼しい風が入ってきて…ちょっとまどろみます。

20170709_115427

休屋に戻ると、「特設会場」に向かいます。

20170709_115950

こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、「廃墟」ロード。

なんだか淋しい気持ちになります。

そして特設会場では、お楽しみの「お振る舞い」です。

ひめます汁にバラ焼き。

去年のおもてなし

これは、去年のものです。

ね、結構豪華でしょ。期待しちゃってたんだよなぁ~

20170709_120400

こちらが今年です。あっという間に完食です。

この後閉会式があるそうですが、日陰のない炎天下にさらされ

しかも地域の物産コーナーもなく、温泉入浴できるのかも分からないので

途中で温泉に寄って…青森に戻ることにしました。

来年はどうしようかなぁ十和田湖マラソン。

函館マラソンと続くようだったら、考えなくっちゃならないなぁ。








ステピをいただいた後は市電で1駅移動し

そこから徒歩でぶらりぶらりと公会堂の方へ。

20170701_132345

今度はペリー提督ですか。背後は函館山?

で、公会堂のお隣に

20170701_125309

「世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイス」ですって。

来函の直前にネットでみつけました。

なんでも、6月12日にオープンしたばかりだとか。

理由はないんだけれどメロンパンって好き…ん? 1番じゃぁないんだ。

早速券売機で食券を買い、少し待ちます。

20170701_125647

温かいメロンパンに冷たいアイスが挟まって、ラスクが突き刺さってます。

これもまたペロリといただきました。

いやぁ~ずいぶん食べました。こんなに食べていいのかしら…?

ごちそうさまでした。

辺りを少しお散歩して、千代台へ向かいましょう。

このページのトップヘ